技術革新が進み、現代ではポケットサイズのパソコンがいつでもどこでも使用できるようになりました。

そうスマートフォンです。

ガラケーとは搭載しているコンピューターが一新され、まさに小型パソコンと言えるほど、今までには想像も出来なかったような非常にたくさんの事を可能にしてくれています。

そんなスマートフォンを、より便利にするのがアプリ。

今回は非常に身近な、でもあったらとても便利な2つのアプリを紹介します。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

もう、誰もが当たり前のように使っているスマートフォン。

電車の中でも利用している人がたくさんいますが、カフェやファーストフード、ファミレスの中でも、スマホをいじっている小浮が当たり前になっています。

 

私もその1人であることは言うまでもありません。

 

朝の目覚し時計として働いてもらっている所から始まり、

  • 通勤途中の情報収集ツール
  • 考え事をまとめたメモ
  • スケジュール手帳
  • 電子書籍を読む端末

などなど・・・実に多彩なマルチな役柄を演じてくれています。

 

スマホがないと不便でしようがないと言える程、我々の日常において必須アイテムのポジションを確立しています。

さらに、スマホはアプリを使えば使う程もっと使い勝手が良くなっていきます。

私はアプリをあまりにもダウンロードし過ぎると、スマホの中身が重たくので、あまり多くのアプリをダウンロードしないようにしています。

それでも、限られた中でも便利だなと思うアプリはこれでした。

 

 

radiko(ラジコ)

 

スマホアプリでも、かなりポピュラーになってきましたが、インターネットラジオです。

このアプリをダウンロードしてラジオ放送をインターネットで聴きます。

  • 携帯できるラジオを持ち歩いている人
  • 隙間時間を埋めたい人
  • ラジオヘビーユーザー
  • 一周回ってラジオに戻りたい人

などなど、ラジオを日常に取り入れたいと思っている人には、とても便利なアプリです。

 

radikoは基本的には無料で使用できるのですが、地方にいて他地域のラジオ番組を聴きたい時は有料になります。

 

 

仕事柄車に乗ることが多い人は

結構多いですよね。

そんなドライバーの皆さん、

こんなこと経験ありませんか?

 

私がradikoをダウンロードしたきっかけは、土曜日朝の地元番組を聴きたいためだけでした。

というのも、私と妻は共働きで、妻の土曜日の仕事は午前中だけなのです。

私は休みなので妻の送り迎えをしています。

朝9時に妻を送る際、車搭載のラジオを聴いていました。

妻を迎えに来るのは11時・・・。

しかし、9時に送った後ついついラジオの続きが気になってしまい、車を11時まで流して聴いていたのです。

初めの頃は、ドライブ気分で聴きながら走っていたのが楽しみでもありましたが、ガソリンが勿体ないんですよね。

自宅にラジオがなかったので、スマートフォンのアプリをダウンロードし、自宅でコーヒーを飲みながら聴く事に至ったのです。

 

車に乗っている時に聴いていたラジオの続きが気になる・・・。

そんな経験は無いでしょうか?

仕事上、車を降りた後にラジオを聴けない環境になる方はしょうがないと思いますが、イヤホンを差しながら仕事をすることが許されている職場でしたら、ながら仕事も
おすすめですよ!

 

radikoの良い点は、ラジオを聴きながら、スマホの他の機能を使用できる点です。

例えば、私はスマホでライターの仕事をサイドビジネスとしてやっています。

この記事を執筆している時間も、スマホライターになっているのですが、スマホにイヤホンを指して番組を聞かながら、ライターとしてもスマホを使っています。

いわゆる”ながら仕事”をしているのです。

radikoをダウンロードした際には考慮していなかった使用の仕方ですが、とても楽しく充実した時間を過ごさせて頂いています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

暗闇を照らすアプリ

 

そして身近な便利アプリ、もう一つがコレ。

“暗闇を照らすアプリ”

 

こんな表現をしてしまうと、

困り顔 女性

「何だ?何だ?」

と騒がれそうですが、とてもシンプルなアプリです。

 

アプリ名は、”懐中電灯”です。

 

スマホカメラのフラッシュを常時付けっぱなしにできるアプリです。

用途は、まさに懐中電灯そのものです。

外人

「たったそれだけのこと?」

と一笑されてしまいそうですが、馬鹿にはできません!

 

暗闇を照らすことが必要な時は、私達の身近な場面でいくらでもありませんか?

非常時グッズ集めも趣味な私が、イザという時のためにダウンロードしたアプリなのですが、非常時ではなくても、よく使う場面があります。

 

例えば、車の中に置き忘れた物を探す時。

そんな時でも、夜はルームライトでは心許ないのですが、”懐中電灯”があれば、すぐに見つけることができます。

 

そして、このアプリが最大に役立つのは、家族全員が寝静まった時。

私は喫煙するのですが、家では煙草の匂いがこびりつくということで、外でしか吸えません。

そのため、家族が寝静まった深夜にそっと家を抜け出て、煙草を吸うのですが、この時に困るのが玄関で自分の靴を探すことです。

玄関の灯りを付けると、こもれ灯が部屋まで届いてしまい、家族が起きてしまうのです。

深く静かに潜行するかのごとくに、闇夜で靴を探して、ソッと家を出ていくためには、”懐中電灯”が必需品です。

 

何という使い方なんだ・・・と笑われそうですが、私にとっては、この利用も非常時の使い方なのです。

このように気に入ったアプリは、とてもシンプルなのですが、使い勝手は一級品だと思っています。

 

 

今回紹介したアプリは非常時にもとても役に立つアプリです。

ただ、ラジオはスマートフォンのアプリよりも、別に用意をしておいた方が電池の持ちが格段にいいです。

日常では確実にスマートフォンによる視聴が便利ですが、非常時には単独のラジオをおすすめします。

 
スポンサーリンク