巷で常識とされている知識や情報は必ずしもあなたに合った方法だとは限りません。

1つのことを対策するには、色んなアプローチ方法があります。

便秘はその代表的な例。

今回は私が提案する便秘対策。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

ヨーグルトは便秘改善によいのか?

便秘によい食品として知られているものがヨーグルトです。

あまりにも有名であるため、毎朝ヨーグルトを食べることで便秘対策を行なっている方は多いのではないでしょうか。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて整腸作用が期待できます。そのため、腸の活動が正常化し便通が良くなります。

 

しかし、私はヨーグルトを食べても便秘は解消しませんでした。

便秘をよくするための食べ物としてヨーグルトが知られすぎている裏側には、このようにヨーグルトを食べても便秘が改善しなかった方が意外と多いと思います。

ヨーグルトを食べても便秘が改善しない理由としては以下のような原因が考えられます。

  • 食べる量が少なかった
  • 使用している菌が自分の腸には合わなかった

 

そこで、私は毎日たくさんの量を食べてみました。

食べる量は1日1パック(400g)です。

スーパーに行くと大きなパックで売られていますよね。あのパックを毎日1パック食べました。なかなかの量です。

「食べるぞ!」という意識を持たなければ食べることが出来ない量ですね。

 

しかし、まるで修行のような所業を毎日していながらも、便通にまったく変化はありません。

少しくらいよくなるかなと思ったのですが、食べる量を増やす以前と変化はありませんでした。

それどころか、鼻水の量が増えてしまいました。

(゜_゜;)

 

乳製品は粘液を増やす性質があるそうで、その影響で鼻水が増えたのだと思います。

ヨーグルトを食べる量を減らしたら、鼻水は治まりました。

(゜_゜;)

 

ココまでのことをしてもヨーグルトによって便秘が改善しない、それは決してヨーグルトが便秘に全く効果が無いことを示している訳ではありません。

先ほど上げたヨーグルトで便秘が改善しない原因の2つ目、菌が合わないことが理由です。

腸内には600種類以上もの腸内細菌が棲みついていて、菌の種類は人それぞれです。そのため、合う菌も人それぞれ違います。

ヨーグルトに使用されている菌は製品によって違うので、自分に合うヨーグルト、合わないヨーグルトがあるのです。

そこで、私はいろいろなメーカーのヨーグルトを食べてみました。

1週間ほど食べ続けてお腹の調子がよくなれば、自分に合っている証拠です。

ところが、さまざまなメーカーの商品を試したのですが、どのヨーグルトでも変化はありませんでした。

 

このように、いろいろと工夫をしてヨーグルトを食べたのですが、便秘は改善しなかったのです。

私の場合はヨーグルトが便秘の改善には効果を示さない体質だ、ということです。

もちろん中にはヨーグルトによって便秘が改善した人もたくさんいるわけです。その話が一人歩きし、自分にも効果があると信じて実践する人がたくさんいます。

しかし、体質や性質は人それぞれ。効果が無い場合はその方法を非難するのではなく、自分にはどの方法が合っているのかを模索することが大切です。

そこで便秘対策に提案したい1つの方法が、「味噌汁」です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

便秘改善に良い食べ物|味噌汁

ヨーグルトがダメなら他にいい方法がないかと思って試した見たことが味噌汁です。

味噌にも乳酸菌が含まれています。

また、メラノイジンという成分にも整腸作用があります。

そして、味噌汁なら食物繊維も一緒に摂取できます。

食物繊維には水分を吸って便のカサを増やし、腸の働きを活発にする働きがあります。

 

味噌にはこだわりがあって、国産原料、天日塩使用、無添加、天然醸造の味噌を選んでいます。

500gで200~300円くらいで購入できる安い味噌がありますが、こういったものは強制的に短時間発酵させています。

味噌は本来1年くらいかけてじっくり発酵させるもので、短期間で発酵させたものは不自然です。天然醸造というのは、強制的に短期間発酵させたのではなく、じっくりと発酵させた味噌のことです。

その自然な味噌を使用して作った味噌汁は毎日1杯飲むようにしています。

 

お椀に味噌とわかめやあおさなどの具材を入れ、その上からお湯を注ぎ、味噌をよく溶かします。

これだけで完成です。だしをとったり、具材を切ったりする手間がかからず、とっても簡単に作ることができます。

質がよい味噌を使用しているので、だしをとらなくてもおいしいです。だしのうまみが欲しいときは、昆布やカツオ節を粉末状にしたものを加えるとよいと思います。

そうすると、昆布などからうまみがでるし、素材はそのまま食べることができて、ミネラル摂取ができます。

 

味噌汁を飲むようになって1週間ほどしたころ、朝に起きた時すっきりとした便通の感触がありました。

お腹の中にたまっていたものがどサッとでて、お腹が軽くすっきりしました。

昔は日本人は乳製品を摂取することはほとんどなく、乳製品はなじみがない食品でした。

一方、味噌は昔から日本人が慣れ親しんできた食材です。

昔から食べてきたものは、日本人の腸に合っているのではないかと思います。

是非、ヨーグルトやその他の方法で便秘が改善しなかった人はお試し下さい。

 
スポンサーリンク