さてバブル崩壊やリーマンショックを経て現在の日本では実質的に長い不況のあおりを受けています。

最近では先の見えない日本の未来を察してか、晩婚化が進んだり小売業界での価格競争に、歯止めが掛からないなどの弊害が生まれています。

 
スポンサーリンク
 

 

 

そして若者の就職活動にもそれは影響していて、今では公務員などの職種が人気です。

実はどの時代にも人気の職種というものは存在していて総じてその時代に「安定」だと思われている企業が人気を博しています。

 

 

安定志向とは?

いつの時代にも安定志向というものは存在します。

景気が悪くなればなるほど安定志向は多くなる傾向にあります。

それは当たり前のことであり、景気が悪くなるとどうしても金銭的な問題が発端として生活面であったり精神的な面であったりと、非常に嫌な思いをする可能性が高くなってしまうからです。

それを未然に防ぐために、その時代その時代でなんとかそのような被害を受けないように安定化を求めます。

そのために本当に使う日が来るかわからないような「万が一のために」と言い貯金にいそしんだり、少し妥協して生活の現状維持をするようになってきたりします。

会社内で上司や仲間に嫌われないように、いわば安定したいがために会社内では周りの意見に同調して目立たなくなります。

果たしてこの行為は本当に安定した生活と言えるのでしょうか?

 

 

安定した職業と集まる人々

さて今まで人気を集めた職業はどんな仕事だったのでしょうか?

今まででよく挙がったのは航空会社、商社、銀行、IT関係、公務員などです。

基本的に毎回ランキングで上位に上がってきやすい業種ですが、面白いのが時代時代で人気であった期間が異なる点です。

人気になる業種はある一定期間を過ぎると人気が落ちるのです。

安定であったはずの職業がなぜ人気がなくなるのでしょうか?

 

理由は簡単で安定ではなくなるからです。

 

ここで言う安定は給料などの金銭的な安定や職場環境に起因する精神的な安定など様々です。

時代の波があるとは言え安定ではなくなるのはなぜなのでしょうか?
 
 

スポンサーリンク



 
 

安定志向の人が集まる

時代時代で人気になりやすい職種には少しばらつきが出ることはご説明して参りました。

そもそも人気になる職種には安定志向の考え方を持った人々が集まってきます。
さて安定志向に人々が集まるとどうなるのでしょうか?

安定を求めるとある共通の行動が見られることは既に説明して参りました。

安定化を求める人々の特徴は主に「貯金」、「現状維持」、「同調」です。

このような特徴を持った人々が多く集まります。

内部留保も必要ですがビジネスでは本来儲けが出たら更なる利益を求めて、設備を新しくしたり技術向上や人材育成のための投資をしたりします。

安定化を求めた人々が集まってしまうと、将来の備えとして内部留保を厚くしがちになってしまうのです。

外へ出るものをなるべく少なくし、中にあるものに変化をつけなくなってしまうということです。

そうなると、自ずと収益も今までのように安定した収益を求められればいいやと現状維持に向かうことになります。

会社内部では尖った意見を出して追い出されてはいけないと思い、周りに同調して行く風潮ができあがります。

ある程度まで昇進したら現状維持を求めて、昨年より見劣りしない程度の成績で落ち着こうとします。

さあ、その結果、どうなってしまうのでしょうか?

 

 

安定志向の末路

多くの安定を求める人々で構成される会社はやがて競争力や収益力も安定します。

安定はとても良いことですがその会社が存在している時代において、経済環境や国交の状況が一定であることはまずありえません。

みなさんが子供の頃には、パソコンが各家庭に2台や3台が当たり前にある世の中になっていることを想像できましたか?

携帯電話がパソコンの小型機械のようなものに変化していくと想像できたでしょうか?

安定化した会社は時代の変化に対応するスピードが非常に遅いです。

また、現状維持を求めているので変化に対応する術を知らない場合が多いです。

安定志向の人間が集まるとその会社は悪化することが多いのです。

現に今まで人気であった航空会社、商社、銀行、IT関係と言った職業は10年ほどで危機が起こったり業界の革新が起こったりします。

大手航空会社は、圧倒的な人気比の削減などによる格安航空会社に人気を奪われ、その地位が危ぶまれています。

こうした既存のシステムにとらわれない新進気鋭の発想によって崩されていくのです。

 

 

さて安定志向の人々が集まると業界は衰退するというお話をして参りました。

そして今ではどうでしょうか?

今、安定している職業と言われそして人気のある職業は公務員です。

今までの歴史では人気職種は何年かすると衰退してきている事実があります。

今後の10年20年後に果たして公務員という職種はどのようは末路を迎えるのか非常に興味深いですね。

 
スポンサーリンク