さて、私が今回紹介していきたいと考えているのは、「男性でも楽しめるBL漫画」についてです。

馬鹿やろう・・・そんなもの読まねーよ、って?

いやしかし、良い作品はどんな作品だろうが良いんです。

是非、その壁を越えて作品自体と向き合ってみてください。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

そもそも、「BL漫画」が、どのようなものかを知っていますか?

「BL」とは、「Boys Love」の頭文字をとったもので、要するに男性同士の恋愛を描いた作品になります。男性同士であるが故の苦しみ、理解のされないつらさ、切なさといったことを示してくれているのです。

内容が男性同士の愛であるが為に、一般的に女性読者がメインターゲットであり、男性が読むことをほとんど想定されていません。

しかし、数多のBL漫画を読み込んできた男性の私にはわかります。

BLは決して女性だけのものでは無いのです。

そこで、今回はBL漫画が初めてという男性にも比較的読みやすいBL漫画をいくつか紹介していこうかと思います。

 

 

作品目に紹介したいのは「雪の下のクオリア」。

作者名:紀伊カンナ 株式会社大洋図書出版。

この作品はかなりいいです。

この作品を読んで、BLとは、乙女漫画にも近しいものであるという認識を是非とも持ってもらいたいのです。

内容については、ネタバレになりかねないので詳しくは明かしません。是非ご自分で手にとって確かめてください。

登場人物たちが、直接的な行為に走りがちなのがBL漫画の特徴の一つではあるのですが、この作品ではそういった描写は少ししかありません。男としては、男性同士の行為の描写はそんなに見たいものではないと思いますので、この特徴は男性にとってはBLの障壁を低くしてくれるのではないでしょうか。

また、主人公は全くのノーマルな性癖を持っています。

ノーマルな主人公に対して、ホモセクシュアリティのあるもう一人の主人公がどのように関わっていくのかという点に注目していただけると、恋の切なさという点においてセクシャリティがいかようであっても何も変わらないのであるということに気がついてもらえるのでは無いかなと思います。

もう一点。

個人的には、かなり背景描写がしっかりとしているので、絵柄事態がすごくいい作品でもあります。是非読んでみてください。

 

 

作品目に紹介したいのは「佐々木と宮野」です。

作者名:春園ショウ 株式会社KADOKAWA出版

こちらのおすすめポイントは、高校生ならではの甘酸っぱいかのような恋心、進もうに進めない恋心はBLにも共通だ、という点です。

「恋」は男性と女性の専売特許のようなイメージですが、「恋」をする気持ちはたとえ同性に対する思いだとしても全く同様の代物なんです。

こちらの作品もネタバレを避ける為に内容については是非ご自分でご確認ください。

この作品、なんとも歯がゆくて、甘酸っぱくて、青春を感じることができる作品になっています。こちらも登場人物は直接的な行為には一切及ばないので安心して読み進めていって欲しいのです。

内容自体は、よくある、後輩と先輩の恋についてです。

BL漫画を趣味にする後輩君に対して、気になってしまっている先輩。

先輩は自分が後輩に向けている恋心に気がついているのですが、後輩は全く気がついていません。

なんともすれ違っていて、読んでいるこちらがやきもきするような、感覚に襲われる一作です。ほんとーに、甘酸っぱい青春です。

さらに、絵柄に関して言えば、少女漫画系のきらきらした感じと少年漫画の画風の合わさった感じの画風になっているので、「雪の下のクオリア」よりは今風とでもいうような画風になっています。

もともとがweb掲載されていた作品の書籍化ですから、若干コマ割りや描き方が独特な部分もありますが、その点を差し引いてもかなり読みやすい作品だと思います。

 

スポンサーリンク



 

さて、とりあえず2作品、私が男性目線で読んでみて良かったと思える作品を紹介しました。

他にも、男性が初めて読んでも抵抗ない、むしろBL漫画が好きになるくらい良い作品は世の中に多くあります。

しかし、数多の作品の中から、読みやすい作品を選んでいくのは難しいですよね?

ましてや、普段読まない男性にとっては当然です。

そこで、私がおすすめする選び方を最後に少し紹介します。

1,過激な表現のない表紙の作品を選ぶこと
2,帯の文面から、中身を推測して選ぶこと

この2点をとりあえず守っておけば、いきなりきつい表現の作品には当たらないかなと思います。

 

 

やはり、どうしても直接的な行為は男性にとってはかなり抵抗があります。

比較的なれている私でも、作品によってはちょっとつらくなったりすることがある位です。※私は特に恋愛対象が男性というわけではありません。

ですから、最初のうちはできるだけマイルドな表現の作品を選び、そこから、徐々に作品のジャンルを広げていければ良いかと思います。私が言いたいのは、BLだから読まない、BLじゃないから読むというわけではなく「良い作品はどんな作品だとしても良い」ということです。

まあ、最も良いのは、BL漫画を好んで読んでいる女性の知人に見繕ってもらうのが最も安心安全かなとは思います。きっと読みやすくて良い作品を選んでくれることでしょう。

 

 

BL漫画は決して男性にとって読みにくいものではないと私は考えています。

きっと、いつか、自分にとって良い作品はあるはずですから、何はともあれ、まずはBL漫画を手にとってください。

そして、1作品読んでください。抵抗感は無くなるでしょう。

 
スポンサーリンク
 

注意事項
近年、セクシャリティについて多様性が叫ばれていますがBL漫画はあくまで空想の世界ですので、理解の一助にしないことを強く勧めます。