最近テレビなどでもよく取り上げられるようになり、書店などでも猫専門の雑誌をよく見かけるようになりました。

そんな人気急上昇中のネコ。

ネコを飼っているという家庭の数は、今まで不動の地位に君臨していた犬を抜き、ペット界のトップに立とうとしています。

実際その猫を飼ってみて良かった点と悪かった点をご紹介したいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

猫を飼ってみて良かった点

猫はなんといっても可愛い

やはりこれにつきますね。

犬を引き合いに出しますが、犬よりも表情が豊かな気がします。

ねむい時や何かに興味津々な時など、よくそれが顔に現れていてとても愛らしいです。

 

猫は気まぐれと言われますが確かにその通りで、機嫌がいいときは近づいてきて頬ずりし膝の上に乗って、1時間以上動かない時があります。

逆に機嫌が悪いと飼い主であっても逃げられます。決して触ることを許してくれず、部屋の狭い飼い主の手が届かない所で落ち着いています。

しかし、そんなツンデレなところも可愛く、猫の方から近づいてく来てくれることがとても嬉しくなります。

 

 

猫はペットとしてとても飼い易い

実はネコはペットとして家で飼うのにとても飼い易い動物です。

まず犬に比べ吠えないことが上げられます。

決して吠えない(鳴かない)事はないですが、大声で長時間鳴き続けることはなく、鳴いたとしても小さな声でご近所にはまったく迷惑にはならないでしょう。

ただ、よく外に出す過程だと、雨の日などに「外に出せ!」と結構激しくアピールしてくるようです。それもまた可愛いのですがあまりにも鳴かれてしまうとご近所への影響も心配になってしまうかもしれません。

 

トイレに関しては、1度トイレの砂の上に置いてあげると、勝手にそこでするようになります。多くの場合、しつけをしなくて済むのです。

トイレの場所を理解するのが遅い猫の場合は、猫の習性として自分の尿や糞の匂いのする場所に繰り返しトイレをするため、子猫の時に糞などを猫用トイレに置いておくだけでそこがトイレだと理解します。

 

さらに、猫が飼いやすい点として「匂いがほぼしない」ということが上げられます。トイレはこまめに掃除をしないと臭ってくることがありますが、猫自体の体臭はまったく気になりません、

彼らには自分で自分の体をキレイにする習慣があります。もともと猫はキレイ付きで自分で毎日毛づくろいし、自分の匂いを消そうとするので、猫自体から嫌な臭いがしてくることはないです。

 

また猫は1泊2日程度なら、1人でお留守番することが出来ます。

留守番している間飼い主は心配になるでしょうが、猫は飼い主がいないと基本的には寝ています、

トイレやご飯を食べる以外はほぼ、寝ているのでその点は気にしなくてもいいかもしれませんが、出かける際はご飯や水・トイレの準備は確実にしてお出かけなさってください。

家を空けている時間が長くなるとやはり寂しくなるのか、家に帰った瞬間に近づいてきて抱っこをおねだりしてきます。

本当にペットという存在は良いですよね。これは猫に限らずペットを飼っている方なら皆さんそうだと思いますが、家に帰ることが楽しみになります、

特に一人暮らしの方には家で待っててくれる誰かがいると思うだけで家に帰る足取りが軽くなります。

 

 

スポンサーリンク



 
 

猫を飼ってみて悪かった点

猫は抜け毛が多い

猫の毛が抜けやすくなる時期は、猫の種類にもよるとは思いますが、基本的に年2回春と秋にあります。

抜け毛の季節は抱っこしただけで服に猫の毛が沢山くっついてきます。

出かける前は粘着テープで服の猫毛を取ってから出かけなければならないほどです。

ただ猫自体によっても毛の抜け具合は違うように感じます、沢山抜ける猫もいれば、あまり毛が抜けない猫もいます。

猫の種類によっても抜ける量は違うと思いますが、毛が長い長毛種のノルウェージャン・フォレストキャット等は、抜け毛の量もすごいでしょう。

 

 

猫の爪とぎ

猫を飼って一番悩む事はこれかもしれませんね、

壁紙や家具に爪とぎをして傷をつけてしまします、ただ最近は対策グッツもいくつか出ているため、ある程度は対策が出来ます。特に段ボールなどの猫の爪とぎを置いておくとそっちで爪とぎをしてくれるので、壁紙などが傷つかずに済むかと思います。

猫の性格にも性格があるので、それによっても壁紙で爪を研いでしまう猫と、段ボールでしか爪とぎをしない猫がいます。

お勧めとして、部屋に爪とぎを出来る限り沢山置いておくと、そっちで爪とぎをしてくれます、またキャットタワーなども爪とぎが付属している物もあるので良ければ検討してみてください。

 

 

猫は旅行などには一緒に連れていけない

ネコは基本的に場所に居つく生き物です。

自分の見知った場所(縄張り)にいる限りは、落ち着いてゆっくりお昼寝などをして過ごしていますが、一歩自分の行ったことのない、知らない場所に行くと怖がり、暗く狭い場所に閉じこもり数時間は出てきません、

なので猫と旅行や遊びに出掛けるのは、基本的には出来ないでしょう。

よく高速道路のサービスエリアなどで犬と一緒に旅行している家族を見ると、少しうらやましく私も自分の猫と一緒に旅がしたいな、と思い少し寂しくなりますね。

 

 

最近猫を飼っても良いというマンションやアパートも増えてきているため、猫を飼いたいと思っている方も猫を飼い易くなってきていますね、

私はもともと犬よりは猫派でしたがそこまで大好きという程ではありませんでした。

しかし諸事情があり、猫を飼うようになってからどんどん猫のことが好きになっていきました。

皆さんも猫に興味がおありでしたらよく考えた上、飼ってみてはいかがでしょうか。毎日がとても楽しくなりますよ。

 

ペットを飼うということはさぞかしお金がかかる事だと感じるかもしれませんが、今ではたくさんの子猫たちが保健所へと預けられています。そのような場所から引き取ってあげる事でほとんどお金がかからずに飼い始めることが可能です。

ただ、餌代とトイレの砂は毎月合計5000円前後のお金が必要になってきます。

そのお金と住居さえ用意できればあとは猫を家に招くだけです。

是非、悩んでいる方は前向きに検討してあげてください。

 
スポンサーリンク