保険は人生の支えになってくれる部品です。

しかし、元気なうちからでなければ加入できない保険もあるため、早め早めの決断が必要になります。

では、その選び方、考え方のポイントとは・・・?!

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

万が一の保障が欲しいと考えた場合、まず思いつくのが保険の加入でしょう。

ですが、家計の負担になるため、なるべく保険料を抑えたいと考えるケースも多いです。

若い頃に保険に加入したけど、保険更新の案内が届き驚いたと感じている方もいらっしゃると思います。

一度加入したら、一生涯保障が続くと思っていたけど、実際は違った・・・なんて事よくありますよね。

そのため、現在加入している保険の内容をきちんと把握しておくことはとても大切なことです。

 

 

現在加入している保険の内容を確認

保険に加入しているけど、保障内容がイマイチ理解していないというケースは多いです。

まず、加入した時期がけっこう前だという場合、保障内容を確認することで今の治療方針にあった保険かどうか、必要な保障になっているか把握することができます。

 

時代の流れにより、治療方針も大きく変わっていきます。

以前は、一般的に長期入院して治療を行っていましたが、最近は入院が短期間になり通院にて治療できるようになりました。

医療技術も日々変化しているため、ニーズにあった保障を持つことで安心した日々を過ごすことができます。

 

以前に加入した保険は入院5日目以降から保障の対象・・・死亡保障が主契約となり、特約として医療保障がついているなど、一生涯の保障になっていないこともあります。

まず、現在加入している保障内容をきちんと把握することで保険料を抑えたり、保障内容を変更するなど色々と対策することができます。

加入している保障内容については、保険会社へ問い合わせして保障内容を確認することもできますが、ショッピングモールや街中にある保険ショップでも説明してくれるので活用してみると良いでしょう。
 

保険料が高い場合の対策とは

今加入している保険料が高いな・・・と感じている方も多いでしょう。

また、保険料の更新案内が突然届き、今までの保険料の2倍近くになりとても困っている・・・など、保険を継続するかどうか検討している方も沢山います。

 

まず、保障内容を確認した後、ご自身に必要な保障は何かをきちんと確認することが重要になります。

 

生きるための医療保障、がん保険などは掛け捨ての安い保険を持つことで保険料を抑えることができます。

2人に1人は、ガンに罹るとも言われますし、がん保険に加入することで、ガンに特化した保障を持つことができます。

先進医療や通院での治療、入院後の通院、抗がん剤治療など、ガン治療に特化した保障になっているため、万が一の保障は準備しておくと安心です。

 

医療保険は、短期入院、日帰り入院や手術など、一般的な治療に関して保障がしっかりあるためしっかり治療ができます。

医療保険やがん保険は一度加入すると保険解約することもないため、掛け捨ての一生涯の保障を持つことが大切ですし保険料を抑えることができます。

死亡保障が付いているものはその分保険料が高くなり、大きな死亡保障は本当に必要かどうか検討した方が良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

将来の備えを保険で準備

将来、需給する年金は物価スライド制により、現在よりも少なくなることは確かでしょう。

そうした場合、年金のみでの生活は厳しくなるため、保険会社の個人年金保険に加入して将来の準備を早い段階から行うことは大切なことです。

まとまったお金があるようでしたら、前納すると金利もよいので早めに準備しておくと後々楽になります。

年金保険は保険会社によって種類も様々なため、いくつか資料請求や見積もりを取り寄せて比較してみることで、希望にあった保障内容を見つけることができます。

年金保険に加入していると10年確定年金として受け取ったり、一括での受け取りなど、様々な受け取り方を選択することができるので、将来的にはかなり安心感があります。

公的年金のみでの老後はかなり厳しい状況になるため、若い頃から準備をしておくことで後々の老後は安心して暮らしていくことができます。

老後の準備をできるだけ早い段階から準備すると日常生活もゆっくり過ごすことができますし、やはり高齢者になった時個人年金保険へ加入していることで収入になり、安心感を得ることができます。

 

 

保険料を抑えたい

保険料が高いので、解約したいと思っている方はとても多いです。

ですが、一度病気をすると告知内容によっては、加入が厳しい結果になることもあります。

 

元気な時に保障をしっかり準備することが、何より重要になります。

 

一生涯の保障を持つことで保険料の値上がりもなく、保障は一生涯という保険も増えているためいくつか比較してみると良いでしょう。

 

やはり保障があると安心して治療を受けることができますし、高齢者になった時入院や手術する機会が増えるため、安心して治療を受けることができます。

 

 
スポンサーリンク
 

しっかりと将来のために保障を持つことは重要になりますし、自分自身そして家族のために保障を準備しておきましょう。