キャバクラ嬢はアホなイメージ?

いやいや、決してそんなことはありません。

あなたはキャバクラ嬢になってナンバーワンになる自信がありますか?

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

キャバクラで働く場合、どうせならナンバーワンになりたいという女性は多いのではないでしょうか。

何事もトップを極めると言うことは大変なことです。

しかし、どんな世界にも、どんな業界にもそれ相応のトップを目指すマニュアルが存在します。

 

「キャバ嬢」と一言でいっても、そのキャラクターはそれぞれですし、究極の接客業であるからこ人間性もでる仕事です。

同じナンバーワンキャバ嬢といっても、その場所や、お店の規模やキャパなどによって、そのレベルも違うといえます。地方で、ナンバーワンだったとしても都会にいってみると、全然通用しなかった・・・なんて言う話も欲聞きますが、

果たしてキャバ嬢でトップを極める人の特徴とは。

 

 

ナンバーワンのキャバ嬢の特徴|タフである

ナンバーワンの嬢に共通するのが、体力面でとてもタフであると言うこと。

これは、とても意外なイメージだと思います。

 

しかし、ナンバーワンと呼ばれるほどの人気のキャバ嬢は、寝なくても平気なの?と思えるほど、フットワークが軽く、非常にバイタリティ溢れていることが多いです。

これはバイタリティ溢れているといっても、がつがつしているというわけではありません。

意外かもしれませんが、こういったがつがつしているキャバ嬢は少ないです。

 

一見非常に忙しそうに見えるナンバーワンのキャバ嬢は、同伴、アフターに積極的にお付き合いするのはもちろんですが、休日も趣味、習い事、そして精力的に動いていることが多いようです。

そうやって活動的に動いているからこそ、話のネタなども豊富に持っていますし、キャバ嬢自身がいつも楽しそうに輝いているので、魅力的に映ります。

ジム、ヨガなどで体力面のメンテナンスをしていることも多いですし、こういったことをきっちりとやっているキャバ嬢も少なくありません。

不規則な仕事の分、体調管理は怠らないというのは基本です。

それにやはり外見も影響しますからね。

体のラインがきれいであったり、腕が細かったり・・・一般的にモテる女性の身体的特徴を備えていた方が指名されやすいのは当然のことです。

 

さらに、キャバ嬢のナンバーワンの方は、精神的にもタフであることが多いです。

キャバ嬢のお仕事は、ストレスも多いですし、色んなプレッシャーがあって精神的に参ってしまうことも多いです。

中には、鬱病チックになってしまうという女性も多いのですが、ナンバーワンのキャバ嬢の場合には、精神的にもタフであることが多いです。

もちろん、だれにでもストレスはありますが、根本的に仕事が性に合っていれば病むことはありません。

性に合っているということが精神的タフさを支える支柱でもあり、それが外見の魅力として現れる・・・ということです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ナンバーワンのキャバ嬢の特徴|気配りがハンパじゃない

ナンバーワンキャバ嬢は気配りがハンパではありません。

頭の後ろに目が付いているのではないかと思えるぐらい、自分自身がついていないテーブルのことも、いつのまにか見ていることが多いです。

お客様に対する接客はもちろんのことですが、あの席のボトルが空きそうだから空けちゃってだとか・・・

あのお客様は今こんな感じだろうだとか・・・

自分が席に着いていなくても、そういったことをスタッフに伝えることが出来たり、さらにヘルプ嬢に助っ人をしてあげることが出来たりします。

 

お客様に気づかれずに周囲に気を配るスキルを持っていて、そつがありません。

気を遣って欲しいというお客さんにはわかりやすく気遣いをしますが、みじんも感づかれないようにこういった気配りをしているのです。

 

さらに、営業メールもとにかくまめ。

出勤の日は必ずお客さんにメールをします。

一斉送信は論外です。

ナンバーワン嬢は「気配りの女性の象徴」であり1人1人のお客さんに、その人それぞれにあったメールを送ります。

 

さらに、ナンバーワンを取りたいならば、例え週に1度も出勤しなかったとしても営業メールを送る努力が必要です。

 

逆に言うと、そこまで努力をしない人が多いため、それだけでもお客さんへ強い印象を残すことが出来るため有効な手段でもあります。

ただ、言うのは簡単ですがなかなか出来ることではないですよね。

いくら優秀な営業マンであっても毎日顧客にメールを1通1通送る人はいるでしょうか。

そんな人は滅多にいません。

 

まあ、職種によっては毎日のようにメールを送らない方が吉なところもあると思いますが、

「キャバ嬢」と一言で片付けてバカにするよりも、まずはその本質をしっかり見る事が大切です。

その裏には多大な努力が必要だからです。

もちろん、何も考えずにチャラチャラとキャバ嬢をやっている人もいるでしょうが、そのような人はあなた会社にもいるでしょう。

結局、努力をしない人間は何をやっても中途半端だし、努力が出来る人間は人が見ていないところで必死にもがいているんです。

 

気遣いばっかりで非常に大変ですが、わりとそれを負担と意識せず、自然にこなせるのがナンバーワンキャバ嬢・・・ということですね。

ナンバーワンは根本的に性格が優しく、女の子にも実は好かれていることが多いです。むしろタカビーだとナンバーワンにはなれませんし、謙虚さもナンバーワンには備わっていないといけないのです。

 

 

ナンバーワンのキャバ嬢の特徴|記憶力が抜群である

ナンバーワンキャバ嬢は、実は賢いことが多いです。

これは、学歴とかの問題ではなく、地頭が良いということ。

特に1流の気配りなどが求められている高級キャバクラなどでは、頭のねじが外れていると絶対に働くことは困難です。

 

瞬時に頭が回転する要素だったり、空気を読む力の他、特に記憶力が重要です。

とにかくナンバーワン嬢は、記憶力がいいのは確か。

お客さんの飲み方や、お酒の好み、趣味や、前に出した話題など、色んなことを覚えています。

次に会ったときに、それを踏まえた接客が出来るということです。

お客様にとって、こんなうれしいことはありません。

こういったお客様のことを覚えておこうという気持ちが非常に大切です。

営業職の人ならば・・・いやどんな仕事をしていたとしても、こうした人物を覚えておく能力の必要さを痛感する瞬間はあるでしょう。

 

 

このように、ナンバーワンになるためには、自分の努力でなんとか出来ることも多いため、見えないところで必死に努力を重ねています。

風俗嬢にも同じ事が言えます。

体を使ってお金を稼ぐことは簡単に見えます。

もちろんただお金のために何も考えずに無心でやっている人もいるでしょうが、そこで如何に大きな収益を得られるか・・・と言うことを考え出すと、努力や勉強が必要になってきます。

 

大事なのは本質を見ること。

外見だけサラッと見て人を馬鹿にする行為は最も愚かな行為です。

 

もう1度言いましょう。

あなたはキャバクラ嬢になってナンバーワンになる自信がありますか?

 
スポンサーリンク