ママ友って必要でしょうか?

結論から言うと、必要ではない、です。

焦る人も多いかもしれませんが、その理由を説明しましょう。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

「ママ友」という単語に「友」という文字が入っているので、「友=必要な存在」と、勘違いしそうになりますが、ママ「友」とは名ばかり、ママ友の性質は「友達」よりも「会社の同僚」に近いです。


本来、あならがやるべきママの仕事は「子供を健やかに育てること」!


いいですか、ママ友とは同じ部署(=保育園、幼稚園、児童館etc)で仕事(=育児)をしている同僚!

 

部署が変わったり転職すれば(=違う学校に進学する、ママが働き出して幼稚園から保育園に転園するなど)、元の職場の同僚とのつながりも薄れるように、あれほど親子で遊んでおしゃべりして密に付き合ってきたママ友とも徐々に会う間隔が空いてくることがほとんどでしょう。

特に子供が小学校に進学すると、それを機に働き出すママも多く、そうなると平日お昼のランチが難しくなり、子供もママを介さない子供の世界を構築していき始めますので、ますますママ友との繋がりは薄くなっていきます。

職場の同僚は、仕事をこなすために会社に雇われた人材であり、ママ友も、子供の成長を願って、子供が楽しい時間を過ごせるように・・と選択した幼稚園などの園児達のママ、どちらもランダムであり、自分に合う人合わない人が必ず存在します。

ママ友と気が合わない、気疲れする、ランチ会が面倒、そもそもママ友ができない・・・色んな悩みがありますが、それで本来の仕事(=育児)に支障をきたすようならスッパリ縁を切った方がより良い仕事ができるかもしれません。

ママ友ができなくても、その分、余計なことに煩わされず子供との濃密な時間を持てる、と考えてみませんか?

あなたがもしがママ友の輪から抜けたならば、ママ友を作ることができなくて、子供に悪影響があるのでは・・と思うかもしれませんが、子供は園内で「ママの心子知らず」状態で勝手に楽しく遊んでいるのが現実です。

それに、自分をお迎えに来たママが、ママ付き合いに疲れてグッタリして八つ当たりされるよりも、ストレスフリーで自分とガッツリ楽しく遊んでくれた方がよっぽど嬉しいですよね。

 

ママ友という集団の場を、会社に例えて紹介してきました。ここまで読んで頂いて、育児という仕事を遂行する上で、必ずしもママ友は必要ではないということに納得頂けたでしょうか。

本来あなたがやるべき仕事(=育児)の妨げになるくらいならいない方がマシなのです。

ママ友がいないことで子供が他の子と遊べなくて不憫だな、と感じるのであれば、自分がたっぷり遊んであげましょう!

 

ただ、ママ友が絶対に必要不可欠か?と聞かれると答えは「NO」です。

その理由としては、やはり仕事においても良好な人間関係である方が仕事効率が上がるように、円満な関係を築けるのであればママ友は心強い存在です。友好なママ友がいるメリットとしては以下のようなモノが上げられます。

○子供同士が仲良くなれる
頻繁に顔を合わせる子供同士は仲良くなりやすいです。
また、平日の休園日(土曜日に開催された運動会の振替で月曜日が休みになるなど)などに気軽に会えて遊べるような友達がいると、親子で楽しい1日になります♪
○子供の様子を伺い、成長を感じることができる
普段、園内での子供の様子は見ることはできないため、子供同士でどのように遊んでいるかを知る貴重な機会を得ることができる&どんどん友達との遊び方が上手になる我が子を見てジーンとすることも。
○実践的な礼儀作法を教えることができる
子供にお客様(ママ友&その子供)のもてなし方を見せたり、友達の家に招かれたりした時の礼儀作法を教える良い機会になる。
○様々な経験値が上がる
花火、お泊り、キャンプ、スキーなど、長期の休みに友達と一緒にどこかに行ったりするのは子供にとってかけがえのない貴重な経験となる。
○情報交換ができる
幼稚園や小学校でのしきたり、育児に関すること、地域のこと(「あそこの公園は遊具が充実している」、「あそこの小児科の先生はヤブ!」etc)、貴重なアドバイスや情報を得ることができます。
○理解者を得られる
育児だけでなく、家庭での不安や悩みなどを相談でき、共感してもらえたりすると心が軽くなる&何気ない会話だけでもストレス発散になる。
○お互い助け合うことができる
自分が体調を崩した時、仕事が急に入った時、実家のことなど緊急な予定が入った時などに一時的に預かってもらえる、代わりにお迎えに行ってもらえるなど、助け合えるママ友がいるとかなり助かります。

 

やはり集団で得られるメリットはあります。団体芸とでも言いましょうか。

情報交換や、助け合いは個人ではどしてもやりようがないことですので、気の合うママ友の関係を作れる人がいるならば、それはとても幸運なことですので、大いに活用して子供にもたくさん良い思い出を残して上げましょう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ただ、ママ友がいることでのデメリットも当然あります。

○子供同士にも相性が存在する
2-3歳のうちはまだしも、4-6歳になると子供同士にも相性や好みの遊びに違いが出てきて、子供同士の相性が合わないとモメたりして親も気まずくなる。
○どうしても気遣いが必要なので疲れてしまう
それなりに気配りが必要で、みんなの意見に合わせなくてはいけない瞬間が必ずあります。
○出費が増える
子供を含めてのランチ、家に招待した時のお菓子代、お出かけにかかる出費など、積み重なると家計に響くことも。
○時間が削られる
ちょっと立ち話、今日はママだけでランチ、今日は子供も含めてお茶会などなど
○ちょっとしたことでモメると本当に面倒!
悪口、嫌がらせ、仲間はずれ、無視・・大人になりきれていない人も意外と多いんです。

 

出費や気疲れというのは本当に無駄な感じがしますが、特にモメたときの面倒くささは異常です。ママ友なんて女性ばっかりですからね。たちまち小学校の女子のモメ事のような雰囲気につつまれます。

 

今の自分のママ友関係を見直して、多少のデメリットを呑んででもメリットの方が大きいのであれば継続で、デメリットがあまりにも大きく感じるようであれば徐々に距離を置いた方が良いかもしれません。

ただ「ママ友は作らない」と選択した場合でも、幼稚園に行く機会がある時には、周囲には笑顔で挨拶は必須です!

自分の子供が仲良くしている子のママにはしっかりと

女性

「○○ちゃんのママですよね?いつもうちの子と遊んでくれてありがとうございます。これからも仲良くして下さいね!」

女性

「こないだ、うちの子と積み木をして遊んでくれたみたいで、楽しかった、と嬉しそうに話してくれました。仲良くしてくれて感謝です♪」

などと、感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

 

自分の子供が何の問題も起こさず誰とでも仲良くできる子であれば良いのですが、ひとたび問題が起こった場合(例えば●●君を叩いてしまった、など)、手を出した子の親がにこやかで魅力的なママの子供の場合、

女性

「男の子だから、やんちゃなこともあるわよね。」

と、好意的に受け取られる一方、手を出した子のママが挨拶もない、笑顔もない、世間話もない場合、

残念女性

「やっぱり、あんなママの子供だからコミュニケーション能力が育たないんだわ。」

残念女性

「だからすぐ手が出るんじゃない?」

と、子供への、そして親への評価が必要以上に厳しいものになりがちです。残念ながらそんなものなのです。

子供が幼少期ほど、ママと子供の評価は強くリンクする傾向がありますので、ママ友にならないまでも、幼稚園にいる時は笑顔と挨拶と感謝は欠かさないようにした方が無難です!これは人が集まる場所である以上、しょうがない部分です。割り切っていきましょう。

また、面倒なママ付き合いを避けたい場合は幼稚園より保育園へ入園することをオススメします。幼稚園より保育園の方がママ友付き合いが薄いようです。

保育園ではほとんどのママは仕事をしており、仕事・家事・育児に手一杯でママ友付き合いは最低限で済ましている(むしろ0の人も多い)、済まさざるをえないママが多く、あっさりとしていてとても気楽です。

 

 

まとめ

ママ友は育児という仕事を豊かにすることができる存在!

そして、部署や職場が変わってもお付き合いが続く気の合う同僚だっているように、ママ友の域を超えて育児が終わってもお付き合いしていける本当のお友達に出会える可能性もあります。

でも職場や同僚が合わない場合もあるように、時にその存在に悩まされることも。

それは自分が悪いのではなく、単に相性の問題!

幼稚園の先生も、「親同士の揉め事が多い学年と、全く起こらない学年がある」と、言っていました。

自分の子供の学年がどんな学年かは完全に運次第!

自分を責めたりせず、転職(転園)するなり、「何だか合わないな。残念だけど、私は1人じっくり子供と向き合う時間を楽しもう♪」と、開き直ってみて下さい♪どんな状況だろうと、子供にとってはママがニコニコしているのが1番ですよ♪♪

 
スポンサーリンク