野良猫のイメージって、どんなのですか?

汚い、うるさい、病気、くさい?

きっとあんまり良いイメージを持っている人って少ないと思います。

でも私は実際に野良猫を保護し、一緒に生活をしています。意外とこういう人、多いんですよ。

いざ飼おう、と思ってもリスクや病気など不安がたくさんありますよね。

そのあなたの不安を少しでもこの記事で解消出来たなら・・・これほど嬉しいことはありません。

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

野良猫の飼い方

猫を飼いたいと思っている人は多いです。

実際ペットショップに行くときれいな猫がちょっと勇気がいる値段で売っていますね・・・。

都会のマンションで飼うなら素性の知れた猫のほうが安心です。

 

 

 

しかし、田舎に行くと野良猫なんてゴロゴロいるため、仲良くなったほうが手っ取り早いし、お金もかからないと思ってしまいます。

ただ、野良猫との接し方、ちゃんとわかっていますか?

お金が・・・お金が・・・と思って野良猫に無闇に手を出すのはいかがなものか。

 

実は無闇に野良猫にはエサをあげない方が良いって知っていましたか?

 

 

野良猫と接する注意点|エサ

毎日のように見かける猫でも性格があり、人の顔を見ると逃げ出すのもいる・・・そうかと思えば、やたら鳴いてついてくるのもいる。

そんな個性に気付いたとき、おなかがペコペコでガリガリに痩せていると、思わず餌を与えたくなってしまいます。

 

 

ただ、注意しなければならないのは、飼ってあげることができないのに、餌だけあげてしまうこと。

猫は繁殖力が強いです。

避妊手術をしないで栄養状態だけ回復するとみるみる増えていきます。

野良猫がやたらたむろしている家や空き地・・・見たことありませんか?

あれは、まさに野良猫にエサを与えた結果、繁殖が進み、しかもエサをねだるために集まっている状況です。

 

家の周りが猫だらけ。

玄関まで何匹もの猫が押し寄せてきて、餌をくれとねだるようになり・・・しれは同時に近所のからの苦情も一緒にやってくる事になります。

 

こうした野良猫と無闇矢鱈に人間が接触しないようにするため、地域によっては、「地域猫ボランティア」を行っている団体がある事をご存じですか?

野良猫にエサをサポートし、野良猫たちをできるだけ去勢します。

餌やりは当番を決めている場合が多いです。

こうして一世代だけで終わらせ、子孫を残さないことで徐々に野良猫を減らしていきます。

子猫は新しい環境に馴染んでいけるので、保護して里親を募集。

成猫は、もらい手が少なく、環境の変化によって弱ってしまうこともあるので、もともといた場所で生涯を終えられるように餌を与えサポートしてきます。

 

公園の砂場などをトイレにしないように猫のトイレを設置したり、トイレにされそうな場所を掃除したりする活動もしています。

近くの野良猫が家に押し寄せると、こういった活動をまじめにされている方から指導が入ることもあるのでご注意下さい。

飼えないのに気軽に餌を与えてしまうことは、後々大きな問題になってくる、と言うことを肝に銘じておくことが大切です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

もしも野良猫を飼ってあげられるのならば

きちんと飼ってあげられる環境があるのであれば、もちろん家に入れてあげて名前をつけ、最後の時まで一緒にいてあげても良いです。

野良猫の寿命は、なんと2~3年程度なんです。

それに比べ飼い猫は15年~20年も生きます。

如何に野良猫として生きるのが過酷な環境なのか・・・ということが分かります。

 

ただ・・・人間のご都合主義で無闇に野良猫をさらってくるというのも、どうなのかなあ・・・とか思ったりしますが。笑

猫は基本的に群れない生き物なので、その野良猫がいなくなることで悲しい思いをする仲間や家族がいなければ万事OK。と言ってもそんなの調べるのは大変ですよね。(^_^;)

 

だから、野良猫を飼うときに1番大切なことは「1つの命を守ってあげる」という意識で飼うことこと。

守れもしないのに、ただ何となくで接触することは控えてください。

 

 

 

 

いざ、野良猫を飼いたい!と思っても不安を抱いてしまうのが「病気」ですよね

外でずっと生活をしているため、絶対に不衛生ではあります。

では、どんな病気のリスクがあるのでしょうか。

 

 

野良猫って病気持ってるんじゃないの?

ずっと外にいた猫は多かれ少なかれ病気を持っています。

先に飼っている猫がいる場合には、病気をうつされる可能性があるので病院に行くまでは接触させないほうがいいです。

病院に連れて行けば、一通りのチェックと可能な状態なら予防接種をしてくれます。

当然費用は掛かりますが、本気で飼うつもりなら必ず一度は連れて行ったほうがいいです。

場合によっては、すぐに病気が悪化してすぐに死んでしまうこともあるのですから。

 

また、多くの野良猫はノミや虫を知らずに体につけています。

特にノミは、家の中に入れてしまうと厄介です。

一気に広がり人間を刺します。

蚊とは違う小さいかゆい点ができ、なかなか治らないときはノミがいます。

猫自身もかゆいので、やたらカリカリ掻いています。

よく見ると掻いているそばに小さい虫が落ちていたり、皮膚にノミの糞である黒い点々が見えることもあるのでよく観察してみてください。

 

もしもノミがいそうなら・・・ノミや虫にはフロントラインという有名な薬を利用してください。

インターネットでも入手できます。

首筋に垂らすだけでノミなどの虫を殺してくれます。

予防にもなるので、野良猫を家に入れたら、すぐにフロントラインをつけてあげるといいでしょう。

 

もしもノミに気付かず・・・家中にノミが広がってしまったら、ホームセンターで売っている害虫駆除用の白い粉がよく効きます。

部屋の隅にまき、しばらく置いておくと室内のノミも駆除できるので安心。

最後は掃除機で吸い取る必要があるので手間はかかりまさうが・・・。

 

 

目やにが顔中に広がってしまい、鼻水をたらし、くしゃみをしている野良猫もいます。

これは猫カゼに感染しています。

動きが鈍く、やたら眠り、トイレにも動かないようなら熱があることもあるのでご注意を。

餌を与え、安心して眠れるようになるだけでも快復する場合もありますが、一番確実なのは病院で抗生物質をもらうこと。

子猫ならば数日で元気にります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

名前が怖い、猫エイズって!?

さらに、すぐには問題になりませんが野良猫はよく猫エイズという病気を持っています。

野良猫を飼うときは知っておいたほうがいい病気です。

母子感染するため、野良猫として産まれると母親から受け継いでいる場合が多い。

そのほかにケンカしたときに傷口から感染します。

同じ餌を食べたぐらいではほとんど感染しません。

 

栄養状態がよく室内で眠れる状態なら発症することも少ないのですが、歳をとったり、病気になったときに発症します。

猫エイズが発症すると免疫が働かなくなるため、ただのカゼでも治らない・・・。

抗生物質を投与して治らない・・・。

熱がひかず、脳炎など深刻な状態にみるみる発展して、死を迎えることになってしまいます。

病院も手の施しようがなくなってくると安楽死をすすめてきます。

猫エイズを持っていない猫に比べると最後がつらいので覚悟しておく必要があります。

ちなみに病院で血液検査をすると猫エイズを持っているか教えてもらうことができます。

 

 

 

 

野良猫と接する注意点|妊娠

病院に行くとお金がかかるから躊躇するという人は・・・野良猫の最大の注意点、「妊娠」に注意して下さい。

メスの野良猫が突然近所に現れてなついてきたというときは、妊娠している可能性が高いです。

まだおなかが出ていなくても猫自身は自分の身体の変化に気づいています。

自分で餌をとれなくなることを知っていて、安心して産める場所を求め人に近づいてくるのです。

知らずに家にあげてしまうと、気がついたらおなかが大きくなり、子猫が3~4匹産まれてきます。

 

こうなってしまうともう大変。

1匹だけ飼うつもりが、一気に4~6匹になってしまいますし、しかも生まれたばかりの子猫を育てるのはこれまた注意が必要です。

温度を管理してあげないと寒くて死んでしまう可能性が高いからです。

命を守りたくて飼ったのに、いきなり飼い猫の死に目にあうなんて切ないですよね。(^_^;)

 

生んでしまったらすべて飼ってあげるか、もらってくれる人を探すか決断しなければなりません。

知人、友人をあたるかインターネットの里親サイト、近くのスーパーの掲示板で里親を募集することになります。

動物病院でも相談にのってくれます。

 

おなかが出ていない猫が妊娠しているか確認する簡単な方法は、おなかの乳首が目立っているかどうか。

妊娠すると乳首周りの毛が抜けます。

おなかをなでた時に乳首があたる猫は妊娠している可能性があるのでご注意を。

去勢手術は6ヶ月~1歳の間がベストと言われていますが、成猫でもリスクは大きくなるものの手術自体は可能です。

 

 

野良猫はタダで飼うことができますが、買った猫よりも多くの問題を抱えているのが普通です。

中途半端な気持ちでなく最後まで看取るつもりなら、きちんと知識をもって飼ってあげて下さい。

そうすれば出会えた命を救ってあげられるだけなく、家族が増えた喜びも一緒に味わうことができるでしょう。

 

 

ここからは野良猫と私の生活体験談をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

野良猫を実際に飼った体験談

私は5年前から野良猫を拾ってきてペットとして飼っています。

名前はVIVI。

 

女の子で現在はおよそ9歳になるすでにおばあさん猫です。

 

この子を拾って飼おうとしたきっかけは、商店街の隅でお腹をすかしていてガリガリだったからです。

今にも倒れてしまうのではないか・・・という不安を抱かせるような体つきをしていたんです。

また、とても美しい猫でしたし、なぜか見た瞬間に目が離せなくなってしまいました。

餌をあげて、食べている所を抱きかかえ、自宅のマンションに引き入れました。

 

 

人になつかない野良猫との生活

VIVIは普通の猫とは少し目の色が違うハーフの雑種猫で非常に魅力的な可愛い猫でした。

連れて帰って飼う事にしたのはいいですが、野良猫は人になかなか懐きません。

抱こうとしても暴れまくり、私の腕を引っ掻いてベットの下に隠れて出て来ようとしません。

餌をあげても私が餌箱に入れた餌は食べようとせず、私が寝ている時や外出中にキャットフードの袋を引き破り餌を食べるので部屋の中は常にボロボロ。

トイレこそ猫の習性で砂のあるトイレで用を足すものの野良猫VIVIに対してはシツケと言う物が一切出来ませんでした。

もともと猫はシツケが出来ない動物ですが、VIVIは人間に決して心を開かないと言う感じでした。

いやあ、この時期はホントなかなか大変でしたね。(^_^;)

 

よっぽど人間にひどい目にあってきたのでしょう。

もしかしたら捨て猫なのかもしれません。

私はそんなVIVIに餌と水だけをあげて、ベットの下に隠れているVIVIが出てきてくれるのを気長に待つ生活をしていました。

 

そんな生活が一ヵ月半ぐらい経ったある日、本を読んでいる私の横にVIVIが寄ってきたのでVIVIの頭を軽くなでてやるとVIVIが私の指に噛み付きました。

かなり痛かったですが、我慢してもう一度VIVIの頭をなでてやるとVIVIはもう一度私の指に噛み付いてベットの下に帰っていきました。

 

不思議な事にその翌日からVIVIはベットの下から出てきて、私の前で餌を食べるようになりました。

猫は寂しがり屋で臆病な生き物ですから、私が自分をいじめる怖い人間かどうか確かめる為に噛みついたのだと思います。

VIVIが噛みついた時、頭をなでてやる事でVIVIは私の事を自分をいじめる人間では無いと判断したのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

それ以来VIVIは私にどんどん懐くようになり、ペットショップで買ってきた猫じゃらしで私と遊ぶようにまでなりました。

VIVIは女の子なので避妊手術を受けさしたり、膀胱炎という病気になってしまって薬の入った高いキャットフードを食べさせたり・・・。

野良猫VIVIとの生活は結構お金のかかる大変なものでした。

 

しかし、飼っているうちにVIVIの好物はお魚ではなく、鶏肉のササミを茹でたものだったり、猫が人間に頼る時はどういった鳴き方をするのかなどがわかって来て、VIVIが私に懐いてくれるのがどんどん感じてきて楽しい生活でした。

最初は触らしてもくれなかった野良猫が、今では飼い主の私のそばを離れようとしません。

友人が遊びに来てもVIVIの頭をなでるのを嫌がらなくなりました。

野良猫が人間に心を開いて行ったのです。

 

最初の内は環境の変化に適応できず、狭いワンルームのベットの下で震えていたのですが、今ではココが自分の居場所と思っているのでしょう。

いつも自分専用のクッションの上で丸まって寝ています。

もう部屋を荒らしたりする心配もなくなりました。

私が呼ぶとすぐに駆け寄って来て、私に頭をすり寄せてくるように甘えてきます。

私が外出先から帰ってくると、玄関のドアを開けると必ずVIVIがお出迎えしてくれます。

 

たまにVIVIを散歩に連れて行こうしてリードに繋いだりすると激しく嫌がります。もう外で生活するのは嫌なのかな・・・ただ単にリードが嫌なのかな・・・。笑

じっと私のほうを見てきます。

猫は寒がりなので、風の吹く寒い外での生活に戻りたくない思いはあるのでしょう。

 

人に心を許さない野良猫でも、愛情を持って優しく接してあげれば人間に心を開くようになります。

今のVIVIは私の事を目で追うように生活するようになり、人間と共存できるようになりました。

VIVIを拾ってきた時は、野良猫は人間には決して心を開かないと諦めてしまう事も何度もありました。

 

しかし、人間に心をなかなか開こうとしない野良猫でも、愛情を持って接してあげれば少しずつ懐くようになります。

すでに大きくなった猫は途中で名前を付けられてもなかなか反応はしてくれませんが、ずっと名前を呼びつずけていると自分の事だと認識するようになってきます。

今のVIVIは自分の名前を確実に覚えています。

 

野良猫だったVIVIも今では完全な飼い猫です。

 

人間が猫に愛情を持って接してあげれば、猫も人間の気持を確実にわかってくれるのです。

VIVIを拾ってからもう5年になりますが推定年齢9歳のおばあさん猫は安心して私のそばで暮らしています。

私はVIVIが死ぬまでずっとそばにいてあげようと思っています。

VIVIもきっとそれを望んでいると思います。

 

 

 

外で暮らしている野良猫たちは自分がずっと居れる居場所を探しているのかもしれません。

野良猫で悠々自適な暮らしをしていても、野良猫の寿命は決して長くはありません。

保健所に連れて行かれる場合もありますし、人にいじめられる場合もあります。

もしも野良猫を飼う際の注意点を読んで不安があるならば、お近くの保健所に連絡をしてみてください。

一時的に保護をされている猫が複数います。

 
スポンサーリンク
 

一定期間を超えたら殺処分になってしまうので、その前に引き取って上げる事もご検討ください。^^