日本において、大谷翔平の名を知らない人はほぼいないのではないでしょうか。

大谷選手が若くしてここまでの選手になったのは決して偶然ではありません。

類い稀な恵まれた体格をもっているのは揺るがない事実ですが、それだけではここまでの選手に成長することはりませんでした。

明確な目標、具体的な数値を提示してくれる恩師がいたからこそここまでの選手へと成長したのです。

その目標設定方法がすごいので紹介します。

 
スポンサーリンク
 

 

 

大谷翔平の目標達成論

大谷選手と言えば、野手としてはあのイチロー選手が超一流になれる素質があると断言している程の逸材であり、投手としては高校、日本野球を通して類を見ないほどの結果を残し、多くの関係者がメジャーでも一流の投手になれると断言しています。

実績としては、投手の方が目立っており高校時代にはアマチュア史上初の160km/hを記録し、プロ野球でも日本球界史上最速の165km/hを記録しています。

そしてプロには当然のようにドラフト1位指名で入団をし、今では投手としても野手としても出場する「二刀流」の選手として活躍し、日本野球での優勝、メジャーを見据えています。

 

大谷翔平の目標設定

若くしてこれほどまでの実績を残し、誰も成し遂げたことのない結果を出して、「二刀流」も実践している選手へと変貌を遂げるのには、明確な目標設定がありました。

大谷選手が高校時代に設定した目標をまず見ていただきたいともいます。

なかなか見慣れない表ですよね。全体で9×9の81マスあります。これはマンダラートというアイデア思考法なんです。これによって、ノートに目標達成のために箇条書きしていくよりも多面的に発想をすることができ、問題解決や目標達成へむけての形が見えてくるのです。

これを高校時代の恩師である佐々木監督から伝授された大谷選手は、ドラフト1位をを目標に掲げています。それがこの表の最も中心にある部分ですね。

 

そして、その周囲の8マスに中心に描いたテーマ・目標に対して関連したキーワード、思いつくキーワードを書きます。思いつかなかったら思いつくまで絞り出します。


そこで上げた8項目を再び9つのマス目の中心におき、それに対してそれぞれさらに8つのキーワード・成し遂げるための具体的な項目を上げていくと、この表が完成します。

 

あまり見慣れない方法であるため斬新なように感じます。しかし、自分が何を望んでおり、それに向かって具体的に落とし込んでいくという作業を進める上では非常に効果を発揮します。

大谷選手がアマチュアにして160km/hを記録したのは決して偶然ではなかったのです。

 

スポンサーリンク



 

恩師・佐々木監督

そして、こうした目標設定は母校花巻東高校の恩師佐々木監督の指導を抜きして語ることはできないので、ご紹介します。

 

まず、私が非常に印象に残っている佐々木監督の言葉がこれです。

 

『誰々を超えたいという考え方とか、物事を逆算して生きて行くという考え方は離したつもりです。非常識に物事を考える。誰もがやったことないことをするということはすごく言った記憶がある。

誰かがやった後に続くんじゃなくて、誰かがやったことをやるんじゃなくて、その上をとにかく超えていく。何か大事を成し遂げた人って、人々がムリだって不可能だって言ったことに対して「いや、できる」と思ったものが新しいものを作ってった。

頭で最初に考えて、そして後からモノができる。160キロ投げている姿がある。そこに後からできる現実がある。

非常識にできないことをやっていく。そういうことをとても伝えていた気がします。』(YouTube 大谷翔平ドキュメント ~信念を貫く20歳の怪物~)

 

こうした枠にとらわれない考え方が、規格外の大谷選手が育った結果につながります。佐々木監督が目指しているのは、思考、考え方と、現代技術を駆使して出来る限り数値などの明確なモノを通して選手を育成していくというもの。

 

「僕は160km投げたことがないので、その投げ方を大谷に教えられません。でも指導者として教えなければならないのは、打ち方とか投げ方ではなく、考え方。身体能力を失うことはあっても、考え方はほぼ失うことがありませんからね」https://newspicks.com/news/893396/body/引用

 

そこにはこうした自身の過去基づいた経験も生かされていました。

 

「私にはプロ野球選手という目標がありましたが、夢と目標と決意の区別がつかず、夢をかなえる秘訣が分かりませんでした。例えば『太ってきたので、痩せたい』というのは、目標ではなく決意。『今日はこれしかカロリーを摂らない』が目標。そうやって追っていくと、必ず結果が出ます。これって足し算や掛け算より、本来であれば小学生のときに教わらないといけないテクニックだと思います」https://newspicks.com/news/893396/body/引用

 

これすごいわかりますよね。混同しがちな部分だと思います。この目標を如何に明確にしていくのか・・・そこに上記のような目標設定シートが設置される所以があるのです。

 

こうして日単位で行うべき目標が明確になり、さらには固定概念にとらわれない考え方が根付いたために、大谷選手は周囲の意見には決してブレナイですし、自身の明確な目標を達成するために日々トレーニングに励むことができるのです。

 

日本が生み出した偉大な野球選手としていの一番に名前が挙がるのはイチロー選手だと思います。

イチロー選手の場合、その目標設定は「頑張れば手の届くもの」にするそうです。

そうしないと、目標が達成できない時の挫折感や不幸感に打ちのめされ、継続を怠ってしまうからだそうです。

自身がスランプに陥ったときほどより現実的な目標設定をします。

現実的な目標設定とはつまり、達成しやすい目標設定です。何なら生きていれさえすれば達成できるような目標を持っても良いと思います。

 

一見大谷選手とイチロー選手の目標設定は違うように見えますが、これらには共通している部分があると思います。

大谷選手は誰もがなしえなかったような非現実的な目標を真ん中にドーンと設定していますが、その周囲には8つの目標設定方法が記載されています。

その8つにはさらに8つの目標達成方法が記載されています。

つまりは、一つの大きな目標に対してより現実的な目標を8つ設定し、それを実現する方法をさらに8つずつ設定しているのです。

 

この3段階の目標設定により、常に何かしらの目標が達成されていることになり、あきらめずに一つの大きな目標を追い続けることが出来るのだと思います。

なかなか上手く出来ていますね。

 

偉大な選手へと着実に成長をしている大谷選手。

常に貪欲に追い求める姿勢は、いつまでも進化を続けてくれることを期待させます。

 
スポンサーリンク
 

近い将来、どんな選手へと進化してくれるのか非常に楽しみです。