基本的に私はPS4でゲームをプレイするのですが、その中で私がプレイしてきたオープンワールドゲームをご紹介させて頂きたいと思います。

新しいゲームを買いたい・オープンワールドゲームを初めてプレイする方など参考になればと思います。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

グランドセフトオート5

 

ゲームをプレイする人なら一度は耳にしたことがあるタイトルだと思います。

このグランドセフトオート5(グラセフ5)はもともとPS3で発売されたタイトルで約1年後にPS4に移植されました。

その際追加要素としてグラフィックの向上や一人称視点の追加など色々と盛り込まれています。

内容ですが街中を車やバイク・飛行機・自転車・戦車などを操りミッションをクリアしたり、強盗を行ったり街中を散策したりと、自分のしたいことを楽しむゲームです。

特にオンラインプレイではボイスチャットを用いて友達数人とカーレースをしたり他のプレイヤー集団と銃撃戦をしたりと、ハチャメチャ感が楽しいゲームです。

ただゲーム自体は面白いのですが、オープンワールド感を求めている人には少し方向性が違うゲームかと思います。

確かに地続きの大きな街や海や山を徒歩や車で走り探索することはできますが、基本的に車での移動が大多数を占めるので移動スピードが速く、どちらかというとレーシングゲーム的な要素の方が強いのかと思いました。

 

 

スカイリム

 

このタイトルも元々PS3のソフトでのちにPS4に移植されたソフトなのですが、ちなみにPS3ではもう1本このスカイリムの一つ前の作品オブリビオンも発売されています。

このオブリビオンはザ・オープンワールドゲームと言えるゲームだと思います。

まだオープンワールドゲームを体感したことがない人はまず、このゲームでオープンワールドとはを感じてほしい作品ですね。

移動方法は基本徒歩が多くその他にも馬や、一度立ち寄った場所なら一瞬で移動できるファストトラベルという機能もあります。

どのように物語を進め楽しんでいくかは本当に良くも悪くも自由です。

素直にストーリーを進めるもよし、酒場や街道を歩いているときに起こる村人からのモンスター討伐の依頼などこなしていくなど様々です。

またこのゲームではオープンワールドの醍醐味である生きている世界観をとても感じられます。

剣と魔法が存在する世界観の中で村人との交流や衛兵からの依頼など実際にその物語に入り込んで生きていると感じられます。

個人的にオープンワールドを肌で感じられるお勧めしたい作品です。
 

スポンサーリンク



 

 

ウィッチャー3

 

このゲームもスカイリムに似た剣や魔法が存在する中世の様な世界観のゲームです。

基本的に先ほどのスカイリムと同じジャンルのゲームと言えると思います。

剣と魔法を駆使して戦うところや移動手段も徒歩や馬です。

ただゲームの完成度自体はこのウィッチャー3の方が上だと思います。

他のオープンワールドゲームと比べてもとても完成度が高いです。

グラフィックや翻訳の分かりやすさ操作性など、どれをとっても欠点がないです。

 

また私がこのゲームをお勧めしたいポイントの一つにストーリーの良さがあります。

オープンワールドには珍しいと思うのですが主人公がキャラメイクしたプレイヤー自信ではなく「ゲラルド」という見た目は中年の男性が主人公です。

このゲラルドが各地を巡りいざこざや王族からの依頼などをこなしていくのですが、とにかくメインのストーリーが素晴らしいです。

キャラクターとの会話の中で選択肢が何度も出てくるのですが、その答え方や行動次第でエンディングが変わってきます。

ぜひプレイして感動のエンディングを体感してほしい作品です。
 

アサシンクリードシリーズ

 

現時点での発売されている最新作はアサシンクリードシンジケートですが(今後発売予定のアサシンクリードオリジンズもあります)、この作品はシリーズでの紹介とさせて頂きたいと思います。

このシリーズはアサシンとなりテンプル騎士団とのエデンの果実を巡る戦いを描いた作品です。

主人公は一部を除き、毎回違う時代異なる場所でアサシンとなり敵を暗殺していくストーリーです。

ある時は中世のフィレンツェに生きた青年のアサシンの話や、また別の作品ではアメリカの独立戦争時代に生き陰でアメリカを独立に導いたアサシンの話など様々です。
この作品の代名詞とも入れる移動手段なのですが、それがパルクールです家の壁や屋根、また屋根から屋根へ飛び移り目的地まで一切止まることなく走り続けることが出来て爽快感があります。

ですがこのゲームもこのパルクールに主眼を置いているせいか、街があくまでもパルクルーを行うフィールドという感じで、オープンワールドとは少し違うかなと思います。

しいて言うならオープンフィールドのような気もします。

ゲーム自体は各地を観光した気分にもなれおすすめの一作です。

 

いかがでしたでしょうか4作ほどご紹介させていただきましたが、まだまオープンワールド作品自体はたくさんあるので、実際にプレイして自分の気に入る作品を見つけられることを祈っております。

 
スポンサーリンク