結婚式にはダークスーツでいいや、と思っていませんか?

あらぬ恥をかかないために。

しかし、お金や礼服ケアの手間が大変だから・・・そんなあなたに礼服レンタルを提案します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

先日、姪っ子の結婚式で家族全員がレンタル業者にお世話になりました。ネットで探したお店だったのですが、礼服一式に髪の毛のセットや小物まで付いて通常料金の半額以下でした。

丁度、創業祭のイベント期間中で利用出来たのはラッキ―だったと思います。

そこで感じた礼服のレンタルのメリットとデメリットをお伝えします。

 

 

レンタルで礼服|メリット

格安な料金とプロのアドバイスが魅力

最近では余り礼服を購入した話しを周りで聞かなくなりましたね。

買うとなると、男性は礼服の上下にネクタイが2~3本(白、シルバ―、黒)あれば事足りますが、女性はそうもいきません。

特に格式や素材、柄、流行に左右される和装の礼装ともなれば、それなりの金額が必要です。

そう考えるとレンタルは、格安の料金で自分好みの柄や小物が選べ、しかも試着できるのが嬉しいですね。

通常数千円からレンタルすることが出来ます。

例えば、インターネットで注文できる礼服レンタル.comでは3泊4日で4800円からレンタルすることが可能です。

サイズなどは普段着ているスーツが基準となるため、そこまで間違ったサイズ注文をすることはありません。例え、礼装の知識が皆無でも、長年の経験に裏付けされた業者の的確なアドバイスで、どんな式典への列席もそつなくこなせる装いが実現します。

結婚式ではとりあえずダークスーツを着ていれば良いと思っているでしょう。しかし、見る人が見ればわかります。

今では時代が違うため、別に普通のダークスーツでもいいのですが、まだまだ古い人がご健在です。無難さを取るなら絶対に礼服が良いと言えるでしょう。

 

 

保障パックで汚れても安心

パ―ティや結婚式の披露宴などで食べ物や飲み物のシミが付いても、保障パック付きのレンタルでしたら修理代やクリーニング代の支払いが発生しません。

お店によって料金は多少の違いはあると思いますが、大体、礼服1点に付き500円程度が保障パックの目安です。

万一のことを考えて、レンタルの際は必ず保障パックのサービスを確認するようにしましょう。

 

 

自分の身体にフィットしたサイズが見つかる

サイズの一覧表や、身長とウェストだけでサイズが確認できるようになっています。

男性の場合、パンツはウェストを±3cm程度調整が可能なアジャスタ―付きで、ジャケットとパンツを違ったサイズでレンタルする、なんておかしなことにはなりません。

せっかくレンタルしたのに不格好な様で参列したくないですよね。そんな不安は解消出来ます。

 

 

急ぎの時に便利な配送サ―ビス

早めに礼服が欲しい、そんな時はレンタル業者が提携している運送会社の営業所に出向き、直接、荷物を受け取ることが可能です。

例えば、ヤマト運輸の営業所留めのサ―ビスがこれに当たります。

運送業者への荷物の到着が午前8時~9時頃ですので、その時間を見計らって訪れるといいでしょう。

定休日や土日の営業など、事前の確認は行ってください。

 

 

キャンセルや延長などにも対応

荷物の発送前でしたらキャンセルは可能ですが、発送後は2千円程度の料金が発生します。

もちろん、荷物の受領後は例え、着用していない場合でも一切のキャンセル、返金は受けて貰えません。

これはどこのレンタル業者も同じポリシ―でしょう。

利用期間は3泊4日が一般的で、到着から4日目までに返却するようになっています。

延長を希望する場合は1日当たり、約千円ほどの料金が目安です。

 

 

管理・保存の手間が省け、コスパもいい

レンタルですと、どんな高級な和装の礼服でも利用後に問題が無い場合は、クリーニング不要で返却すればいいだけです。

これが自前になると、一度手を通しただけでも欠かせないのが汗ばみによる変色を防止する染み抜きのクリ―ニングです。

他にも着物を入れるタトウシ、それを収納する桐ダンスや衣装箱などの容器、専用の防虫剤や乾燥剤、又、年に何度かの虫干しも求められます。

保管場所も直射日光を避けた、風通しの良い場所が最適と言われていますが、気密性の高いマンションなどでは確保するのも困難でしょう。

レンタルはそんな煩わしさもなく、諸費用だけを考えてもコスパはかなり高いと言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

レンタルで礼服|デメリット

良いとこ尽くしの礼服のレンタルですが、チェックしてみるとデメリットもいくつかありました。

これは利用する側の少しの注意や心掛けで防げるものです。その内容を見ていきましょう。
 

ネットだけで、実際の店舗が無い

ネットでの注文ですので、先ず、試着が出来ないことが難点です。

広告上の画像やサイズの確認だけで、着用するイメ―ジを膨らますのは容易ではありません。

届いたものがイメ―ジとは違っていた、なんてよくある話しですよね。

そうなっても交換は無理な上、他を探す時間的な余裕すらありません。

不快な感情を抱いたまま式典に列席することになり、その1日を台無しにしてしまいます。

格安料金や誇大広告に惑わされないこと、店舗が実際にある、この2つをポイントに信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

 

 

交通事情や天候の影響による荷物の配達遅れ

荷物の到着は、交通事情や風雨などの悪天候の影響で左右されやすいものです。

式典当日になって慌てないように、出来るだけ数日の余裕を持って荷物を受け取るようにしましょう。

1番のお勧めは直接、近場のレンタルショップで予約することです。

自宅の最寄り駅を中心に、行動範囲内の場所であればベストでしょう。

これなら遠隔地からの配達を心配しながら待つこともなく、直接、予約日にお店に出向き、着替えてそのまま会場への直行が可能です。

 

 

いかがですか。

礼服のレンタルは利用価値のあることが分かっていただけたと思います。

礼服を通して間接的に、日本古来の伝統的な決まりごとや、マナ―を学んでみるのもいいかもしれませんね。

 
スポンサーリンク