初めての出産を控えた妊娠期間、生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら色々なアイテムを用意するのは大きな楽しみの一つですよね。

しかし必要な物を調べてみると予想以上に多く、なかなかの金額になる…そもそも本当に全部必要なの?といった疑問が湧いてくるのではないでしょうか。

私が出産、育児を経験して感じたことは「買わなきゃよかった!」と後悔した物がとても多いということです。

そこで今回は出産前に買わなきゃよかったという物をその理由を含めて紹介していきたいと思います。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

①ベビーベッド

 

出産前に買った物の中で一番の失敗がベビーベッドです。

その理由は、新生児の赤ちゃんはとても寝つきが悪く、一日に何度も抱っこしなければいけません。

泣きやすい赤ちゃんの場合は一日中抱っこしてあやさなければならないこともあります。

 

私も退院当初、抱っこをしてやっと寝た、とベビーベッドに寝かせようとするとまた泣いてしまう、の繰り返しでした。

 

ベビーベットに寝かすのはとても難しいです。

なぜかというと、ベッドに赤ちゃんを寝かせる際に振動がたってしまうからです。

私は、抱っこの度にベビーベッドのスライドを降ろして抱っこすることも面倒臭くなり、結局リビングに赤ちゃん用のカーペットを敷き、ベビー布団を敷いて寝かせることにしました。

この方が振動をたてずに寝かせられ、自分もすぐ傍で添い寝ができるので、おすすめです。

 

ベビーベッドは赤ちゃんが寝る場所であるため、赤ちゃんが産まれたら用意して当然という感じがしますが、逆に不便になる場合が多いのです。

実際に子育てをしてみないと、分からない事かもしれません。

 

 

②抱っこ紐

 

抱っこ紐はその内必ず必要になる物です。

しかし、出産前に買ってしまうと、プレゼントにいただいてしまうことがあります。

 

出産して一ヶ月程度は外に出歩くこともほとんど無い場合が多いと思うので、用途に合った物をゆっくりと探しながら購入を考えるのが良いのではないでしょうか。

最近は新生児から大きくなるまで、抱き方を変えて対応している抱っこ紐が多いです。

つい出産前に準備しがちですが、意外と使い方がややこしく、結局子育てが超忙しい新生児期には一度も使わなかったという先輩ママさんの話もよく聞きます。

新生児期から抱っこをして出歩く必要がある場合、抱っこ紐よりも横抱っこをすることに向いているスリングを購入するのがおすすめです。

 

 

 

使い方も分かりやすい上、寝かしつけをするのにも役立ち、とても便利ですよ。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

③新生児用オムツ

 

新生児用の紙オムツを大量買いしてしまうと、あっという間に赤ちゃんが大きくなりサイズアウトし、余ってしまったということになりかねません。

新生児期はうんちやオシッコの回数がとても多く、オムツを替えなければならない回数も多いので、オムツ代はなかなかバカに出来ない金額になります。

出産前に買うのは一袋、多くて二袋程度にしておいて、赤ちゃんの成長を見ながら合ったサイズの物を無駄なく購入された方が良いのではないでしょうか。

 

 

④粉ミルク 哺乳瓶

 

妊娠時から粉ミルクで育てることを考えている場合は別ですが、可能ならば母乳で育てようとしている場合、万が一のことを考えて粉ミルクや哺乳瓶を一式揃えたくなる気持ちはよく分かるのですが・・・。

私もそうでしたが、母乳がよく出た場合、粉ミルクは全く必要なく、私は一度たりとも使用しませんでした。

 

粉ミルクは離乳食や料理にも使えると言えばその通りなのですが、大きな缶のものを購入してしまうと、どうしても余ってしまい期限切れということになりかねません。

また、出産をすると、病院などで粉ミルクのサンプルを貰うことも何度かあり、それで十分足りたという覚えがあります。出産前は湯ざましをあげる用に哺乳瓶を一つ購入する程度の準備に留めておくことをおすすめしたいです。

 

 

⑤おもちゃ

 

ベビー用品を取り扱うお店に行くと、新生児用の可愛いおもちゃがたくさん売られており、色々と買いたくなってしまいますが、出産後、お祝いとして一番たくさん貰ったのが、おもちゃでした。

新生児期の赤ちゃんは寝ている時間がとても長いので、あまりたくさんおもちゃがあっても全てを使う暇も無く、赤ちゃんはどんどん大きくなってしまいます。

頂き物では足りない場合に買い足すくらいの心持ちが良いのではないかと思います。

 

 

 

以上のように、意外と出産前に買わなくても良い物はたくさんあります。

まずは赤ちゃんが居心地よく寝られて、清潔であるために必要な物を最優先に揃えるということを頭に置いて準備を進めてみてください。

それ以外の物は、赤ちゃんがお家に帰ってきてから、赤ちゃんの性格や、環境に適した物を買い足していく方が無駄なく快適な生活がおくれることと思います。

赤ちゃんのための出産準備が少しでもスムーズに進むことに役立てば幸いです。

 
スポンサーリンク