スキンケアを辞めたことが逆に肌に良いことになる・・・そう言ったら、あなたは信じますか?

今回は私の実体験を元にスキンケアを辞めたことで肌の状態が改善した事を紹介したいと思います。

常識と思っていることは、周囲が作り上げただけの逸話。いつでも確かな事は、あなたが感じた事、経験した事なんです。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

スキンケアをしないと言う選択|化粧品ではきれいになれない?

化粧品を使わないと肌が荒れる、化粧品が肌をきれいにしてくれる、こんなふうに思っていませんか。

そう、それは確かに正解。大多数の意見と言うことで「正解」です。

しかし、化粧品は肌をきれいにするどころか、肌荒れをひどくすることがあるのです。これは「正しい意見」ではありません。しかし、それが真実になると言うこともある事を肝に銘じて下さい。

 

以前は私も化粧品を使用していました。

化粧品を使用すれば、肌がしっとりする、毛穴が目立たなくなると思っていたのです。

美容雑誌で紹介されている新たなスキンケア法があれば試してみたこともあります。当然です。プロが紹介している内容を信じる事が唯一我々が出来るスキンケアです。

たとえば、化粧水をたっぷりつければ肌が潤うので、3回、4回と化粧水を重ねづけしたり、コットンパックをしたこともあります。

しかし、一時的には潤ってもすぐに乾燥をしてしまうし、肌はきれいにならなりませんでした。

 

きれいにならないというだけならまだいいのですが、逆に肌が汚くなりました。

なんと、シミが増えてしまったのです。

 

紫外線対策をしっかりしていなかったからシミができたのだろうと思う方もいることでしょう。

しかし、紫外線対策はしっかりとしていました。

窓から紫外線が入ってくるので、家にいるときでも日焼け止めをしっかり塗って、こまめな塗り直しも忘れていませんでした。

外に出るときは帽子をかぶりました。

それでも、シミが増えてしまったのです。

一体何が原因だったのでしょうか。

 

 

化粧品でシミが増えた理由

では、どうして化粧品を使っていたのにシミが増えてしまったのでしょうか。

化粧品には使用感をよくしたり保存性を高めるために、アルコール、パラベン、界面活性剤などが配合されています。

これらの成分は肌に刺激を与えて、バリア機能を破壊します。

そう、バリアを破壊するのです。

 

バリア機能とは、紫外線や花粉などの外部刺激から肌を保護し、肌内部の水分蒸発を防ぐ役割のことです。

バリア機能がしっかりと働いていると肌トラブルが起こりにくくなります。

ところが、バリア機能が低下をしてしまうと、紫外線の影響を受けやすくなってシミが増えたり、肌内部の水分が逃げて乾燥肌が進行してしまうのです。

まさに、これが化粧品を使用していてもシミが出来てしまった理由です。

というか、むしろ化粧品を使用することによってシミが出来ていたのです。

毎日一緒懸命スキンケアをした結果、肌のバリア機能が低下をしてシミが増えてしまう・・・それではスキンケアをしている意味がありません。

無駄な努力、ということです。

 

では、一体どうやって肌のケアをするべきなのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク



 

 

この方法で肌トラブルが軽減

化粧品でケアをしてもシミが増える・・・。

ではどうしたらいいのだろうか。

 

そう思って、本やインターネットでいろいろと情報収集をしてみました。

そしてたどり着いたのが「化粧品でスキンケアをしない方がよい」という事です。

化粧品の使用をやめることでバリア機能が整い、外部刺激に強くなり、肌トラブルが軽減するのです。

 

もちろん、始めはスキンケアをしないで大丈夫なのか不安でした。

しかし、スキンケアをして肌の状態がよくならなかった経験があるので、思い切って化粧品の使用をやめました。

スキンケアを一切しない、という体験談を綴ったブログがいくつかあったので、化粧品の使用をやめる事への不安は軽減しました。ケアを辞める勇気を与えてくれました。

洗顔は水だけです。

洗顔料は一斉使用せず、朝と夜に水だけで洗顔をします。その後は何もつけません。

 

始めたばかりのころは、洗顔後に肌の乾燥が気になりました。

しかし、何日も続けていると、次第に乾燥しなくなりました。

肌にはもともと乾燥から守る力があるのですが、化粧品を使用し続けているとその力が低下をします。しばらく化粧品の使用をやめたことで、肌本来の力が高まって乾燥しなくなったのだと思います。

 

その結果シミが増えなくなりました。

化粧品を使用していたころは、どんどんとシミが増えていたのですが、化粧品の使用をやめたとたんにシミの増殖が治まったのです。

やっぱり化粧品を使用した方がいいのかなと思って、化粧品をつけたことがあったのですが、そうするとシミができます。

やはり、化粧品がシミの原因だったのでしょう。

今では乾燥肌に悩むことはなく、シミが増えることもありません。化粧品代を節約できるし、スキンケアのための時間も省けるし、肌の調子もいいし、いいことばかりです。

 

 

もちろんこの方法には個人差があります。

しかし、スキンケアは人それぞれだと言うことを、是非肝に銘じて下さい。

肌の性質には個人差があります。その肌の質に合った方法を行なう事が最善の方法です。

雑誌で取り上げられている方法があなたにとっていつでも最善は無いと言うことです。

常識は、あくまで常識なだけであってあなたにとって良い効果を常にもたらすとは限りません。

是非、広い視野で物事を捉えて下さい。

スキンケアを辞める、というスキンケアもあると言うことです。

 
スポンサーリンク