アインシュタインと聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

今ではもう会うことが出来ない歴史的な人物の一人ですが、誰もが「天才」であることを疑わないと思います。

誰もが知る「相対性理論」を発見したアインシュタインについて、現代の天才芸人(笑)のオリエンタルラジオの中田さんが紹介していました。

それが、かなりわかりやすかったので、まとめてみました。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

あっちゃんこと中田敦彦さんは、なかなか2ちゃんねるや視聴者から叩かれることが多数ありますが、その才能は疑う余地が無く、また、「やりすぎ都市伝説」などで見せる興味をそそられるプレゼンは目を見張るものがあります。

たぶん、話の節目をつけるのが上手く、順序や起承転結がしっかりしているのでしょうね。

気づいたら聞き入ってしまいます。

 

そんなあっちゃんが紹介する「相対性理論」。

ちょっと気になりませんか?笑

 

 

あっちゃんが「相対性理論」を解説したのは「しくじり先生」と言う番組です。

本来、過去の出来事において、何かしくじりを犯してしまってテレビを干されたり、世の中に大きな影響を与えてしまったりした人が先生として、自身の失敗を語り、同じような過ちを犯さないように訴えかけると言う番組です。

あっちゃんも、一度ブレイクを果たし、その後すぐに天狗になってしまったことが原因で、テレビで姿を現さなくなってしまった経験を語ったりもしましたが、アインシュタインを紹介するような番組ではありません。

実は、アインシュタインが過去に犯した過ちをあっちゃんが紹介するという形で解説したのです。

アインシュタインが犯した過ちとは・・・?

実は浮気性。笑

これは今回の話と関係がないので、大きくはしょりますが、科学にしか興味がなさそうな天才のイメージが強いアインシュタインですが、極度の浮気性を備えた人物だったのです。

 

 

相対性理論

さて、本題です。

相対性理論と聞いて、思い浮かべるのは何でしょうか?

  • ちょっとわかりにくい理論
  • E=mc2
  • リンゴが木から落ちる

などといったところでしょうか?

この回の出演者からは「そもそも興味が無い」という回答もありました。

 

 

人は平等で無い

あっちゃんがまず紹介したのが、人間は平等で無いということ。

我々は産まれながらにして性格や容姿、環境が違い、同じものを持って生まれる人はいません。

しかし、こういったことが相対性理論と関係があるのでしょうか?

 

実は相対性理論と関係があるのは時間です。

それぞれの人の時間は、実は平等では無い

と言ったら驚きますか?

 

自分自身の時間経過の感覚としてその「違い」を感じることはあるかと思います。

一生続いて欲しいような恋人との甘い時間と、つまらない作業を延々とこなさなければいけない時間では、どちらがあっという間でしょうか?

おそらく恋人との時間でしょう。

 

 

では、あっちゃんが言いたいことはそういうことなのか・・・?

答えはノーです。

実は、AさんとBさんで実際に時間のずれが生じることがあるのです。

 

 

さあ、盛り上がって参りました!笑

 

 

スピードと時間

では、その時間の違いはどのようにしたら生じるのでしょうか?

まず同じ時計を用意します。

これは同じ型、同じ色、同じ電池など、徹底的にこだわった方が良いでしょう。

その全く同じ時計のうち、一つを地上の何でも無い机の上、一つを高速で空を飛ぶ飛行機の座席の上に置きましょう。

飛行機は高速で移動し、地球を一周してきました。

 

すると・・・飛行機に乗せていた時計の方が少しだけ遅い時間を指していることが確認できます。

 

よく飛行機に乗って移動をしなければいけない人はどうなるでしょう?

地上でずっと生活をしている人に比べて、若干前の時間を過ごしている事にはならないでしょうか?

 

Huh!

タイムマシンかよ!ナニコレ面白い!

 

まあ、しかしこんな話を聞いても実際信じられないですよね?

当時も信じることが出来ない人が続出し、実際にアインシュタインが「相対性理論」で評価されたのは、彼が亡くなった後になるのです。

このアインシュタインの偉業が今我々の日常と隣り合わせにあります。

さて、どこでしょうか。

 

それがGPS。

 

 

スポンサーリンク



 

 

GPS

普段スマートフォンによってGPSの恩恵を頂いている人はわかると思いますが、GPSはインターネットの回線とはまた別の通信を行っていますよね。

これは、宇宙を高速で移動している衛星によって実現されています。

 

しかし、衛星は常に高速で移動しています。

ということは?

 

そう、我々がGPSを利用してナビを見ようとしても、衛星から送られてくるデータは自分が今いる場所よりも前の場所と言うことになりますよね。

この数秒のずれを常に「相対性理論」によって修正しているのです。

その結果、我々は常に自分の現在地を把握することが出来、行きたい場所に向かうことが出来るのです。

 

 

タイムマシン

さあ、ここまできたら気になるのがタイムマシンですよね。

アインシュタインがなぜ有名なのか?

 

今までの歴史上、天才的な科学者はたくさんいました。

ドイツナチス軍の暗号を解読した天才科学者もいました。

その解読のシステムを応用してパソコンが誕生しました。

さらにパソコンはどんどん小型化、低価格化を実現してきました。

こうした経緯に関わった天才的な科学者の名を知っていますか?

知らない人が圧倒的に多いと思います。

 

では、なぜアインシュタインは知っているのでしょうか?

それは、タイムマシンと密接に関わった発見をしたからに他ならないでしょう。

現代には、未来人としてジョンタイターを始め、数多くの人が未来からやってきたという記録があります。

どれも確かな根拠は無く、私レベルの人間でも綿密に調べるとそのどれもが信憑性が欠ける、どうやら嘘らしいということがわかります。

しかし、人々はその情報に熱狂しています。

それは、どこかで無理だと否定しつつも、全員に共通した夢であるからです。

 

ドラゴンボールのかめはめ波が出せるかもと言われたらどう思いますか?

瞬間移動は?フュージョンは?

男子ならば誰もが幼少期にマネをしたことがあるのではないでしょうか?

これはフィクションの作品として世に出たことが先ですよね。

それが実現できるかも・・・と思ったらそれはそれは気持ちが高まります。

 

 

タイムマシンもこのたとえ話と同じなのです。

1895年 H.Gウェルズが小説「タイムマシン」を出版しています

そして、1905年に「特殊相対性理論」、1916年に「一般相対性理論」が発表されています。

フィクションをノンフィクションにするかもしれない理論が発表されたのです。

だからこそ、アインシュタインは誰もが知る天才科学者として知られているのです。

 

タイムマシン作品として有名な「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では、どのようにタイムトラベルをおこなっていたか知っていますか?

高速で走る車に乗っているのです。

ここにもちゃんと「相対性理論」は活用されているのです。

これが、あっちゃんが解説した「相対性理論」。

いかがだったでしょうか?

少しでも多くの人が相対性理論に興味を持ってくれると嬉しいです。

 
スポンサーリンク