車を持つ人なら誰もが望む車検費用を安く抑える方法。

常に10万円前後で車検を通過する私が教えるそのポイントとは・・・?!

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

現在、多くの方が車を所有しています。

車を所有する上で、多くの人を悩ますのが毎年の税金と定期的な車検。

最近の若い人の車離れが進んでいる理由の1つがこの維持費用。

車を持っているのと持っていないのでは、年間で雲泥の差が付いてしまいます。

地下鉄や公共機関の普及も進み、どんどん車は必要のない、持ちたくない者へと変化しつつあります。

昔のように1人1台といった感覚は薄れてきています。。

 

しかし、それはあくまでも都会生活をしている方の見解であり、やはり地方になれば1家に1台は当たり前・・・

1人に1台の場所も多いのですよね。

農村では夫婦揃って車を持っていないと生活が困難です。

そういった方々にお勧めな維持費用の抑え方があるのです。

現在私もそれを実行しており、非常に家計が助かっています。

 

それが定期的に来る車検の費用の抑え方。

 

車検費用は車種によってまちまちであり、また交換部品、点検箇所によっても変動します。

しかし、ベースとなる費用は常に決まっています。

よほどのことがない限り12万円から15万円以内の範囲で車検を受けらる事になると思います。

 

しかし、私の方法で車検を受けると、部品交換がない場合この金額が10万円前後となるのです。※車種にもよりますが。

その条件として必要なことが以下の項目です。

  • 車検を受ける会社はある程度大きい会社であること
  • 車検を受ける時期を企業の決算時期直前とすること
  • 台車を利用しないことを条件とすること

 

上記の項目を満たせば、ほぼ確実に車検費用を抑えることが可能となるのです。

車検を受けるならある程度大きい会社

まず、企業の大きさですが町工場などの小さな場所での車検では価格を下げることは不可能です。

もちろん、知り合いの方にお願いする車検であれば安くなるかもしれませんが、まったく接点のない町工場での車検では値引き交渉も難しいです。

 

 

そこである程度体裁が整っている企業や中古車センターで車検を受けることが重要です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

車検を受ける時期は企業の決算時期直前

そして次に重要なのが車検を受けようとしている時期です。

この時期が一番重要であり、その時期になるよう車を購入しなければなりません。

そのため、すでに車を購入されている方は運が良くなければこの時期に合う人はいないかもしれません・・・是非とも次に購入する車の時期をご検討下さい。

 

その時期とは企業の決算直前。

例えば、年末の決算時期や中期決算時期の直前が非常に理想的です。

企業は少しでもノルマを達成すべく決算時期の直前は非常に大盤振る舞いで対応してくれます。

その時期に車検を受けに行くと必ず向こうから好条件で提案してくれます。

 

好条件で提案してくる理由は、ノルマを達成したいということや即決して欲しいといからです。

かなり低い金額での提示を受けることができるのです。

 

この時点で車検を決めてしまうのも1つのやり方ではありますが、

さらに進んだ考え方として、この状況に便乗して企業側が提示してきた金額に対し追加料金なしの状態でオイルエレメントも追加してくれれば即決するなどと提案すればほぼ間違いなく乗ってきてくれます。

 

つまり、悪い言い方をすると企業の足元を見るのですが、

よい言い方をするとこちらも企業の事情に便乗するということなのです。

 

これにより、提示された金額をさらに好条件でのむことができるのです。

 

台車を利用しないことを条件とすること

但し、企業によっては台車がないことを前提で話を進めてくる可能性があります。

企業としてはその時期に多くの車検を確保したいため台車が普段よりも必要となります。

そのためできる限り台車が出払ってしまうのを防ぎたいのであります。

そういった企業の事情も鑑みて、交渉をうまく行えば非常に効率よく車検を受けることができるのであります。

 

 

上記のことを推進する上で重要なことは下記になります。

  • 車検を受ける時期を決算時期前となるように車を購入すること
  • 車検にもっていく際は必ず、相手の出方を見てから提案に乗るかどうかを応えること
  • 企業の決算時期だということを知っているので協力するという姿勢を見せること

このように推進していけば必ず車検を安く済ませることが可能となります。

そしてその費用内で追加の部品交換もやってもらえることもあり非常にお得感を味わえるのです。

台車についても企業の事情を鑑みてあえて使用しないという姿勢を見せることでお店の方は非常に好感を持ってくれますます最高のサービスを提供してくれます。

 

車を持つことは非常に費用がかかることであり、税金対策など手を打つことができないのが実情ではありますが、出費を抑える方法はいくらでもあると思います。

もちろん車検の費用以外でも車の維持費を抑える方法はあるはずであり、人それぞれいろいろな工夫を凝らしています。

情報を知っているか否かで無駄な費用が発生するかが決まってくるのも事実です。

税金にしても知らなければ損をするということは多々あり、知識を増やすということは非常に重要なことなのです。

 

そしてその知識はある程度実践してみて検証すれば必ず自分のものとなって効果を発揮してくれます。

決して人が教えてくれるものでもないため、自分なりに研究をしてみて費用を抑える努力をしてみてください。

 
スポンサーリンク
 

そしてその抑えられた費用を別の投資に使用することでさらに自分の生活を向上させてくれます。