少々滑るのが心配な方は、毎年必ず2回訪れる「タイヤ交換」。

雪国では当たり前のことですが、東京なんかだとそもそもタイヤを交換しない人がほとんどかと思います。

今回は、そんなタイヤにまつわるお話です。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

今年の5月のゴールデンウィークは、久しぶりにゆっくりと過ごすことができました。

中には9連休と4月末からお休みに入った人もたくさんいらっしゃったと思います。

この時期は毎年、妻の実家に帰るのですが、定番のイベントと言えば、車のタイヤを交換することです。

具体的にタイヤの交換とは、冬用のスタッドレスタイヤから春・夏用のノーマルタイヤに替えることです。妻の実家は長野県で冬の時期は、雪こそ少ない地域ではあるものの、寒さは厳しく、路面凍結は日常茶飯事。

田舎生活ではマイカーは必須なので、冬は必ずスタッドレスタイヤがないと不便なのです。

雪国生活を経験されている方はご存知でしょうが、タイヤチェーンを履かせるより利便性が高いので、必須の装備となっています。

都会暮らしのカーオーナーには不要かもしれませんが、寒冷地必須のスタッドレスタイヤとノーマルタイヤの交換は、4月からゴールデンウイークの間に衣替えのように履き替えるのです。

 

 

●自分で交換するタイヤ

「タイヤの交換って、ガソリンスタンドにお願いしないの?」 と思われる方もいるかもしれません。

しかし、自分で交換できる人は、こちらの方がメリットがあることは明らかです。

ガソリンスタンドで交換すると、タイヤ1本当たり交換費500円 + ホイールバランス500円 = 1,000円。

4本合計4,000円です。 

これが高いか安いかと言えば、高いと思うようになってきた自分です。

 

 

● スタンドに持ち込むことを考えると

私も初めの頃は、ガソリンスタンドでタイヤを交換していました。

しかし、重たいタイヤをわざわざ車に積み込みスタンドに持ち込んで、交換をするのですが、それだけでも、結構疲れる仕事です。

それでいて、4,000円なのですから、いっそのことタイヤを自分で交換できたなら、時間もお金も節約できると思いました。

タイヤ交換は、初めのうちは時間がかかってしまうのですが、慣れてくると1時間程度ですぐに終わります。

このようことから、タイヤ交換がゴールデンウイークでの実家のイベントになってしまいました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

●都会ではスタッドレスよりチェーン?

寒冷地・雪国では、冬季はスタッドレスタイヤが必須ですが、首都圏では、必ずしも必要とは思えません。

年に何回、積雪で車が走れなくなりますが、わざわざスタッドレスを新しく買ったり、交換する必要があるとは思えません。

余分に冬用のタイヤを買うことはもったいないですし、チェーンがあれば十分なはずです。

現在は首都圏に住んでいる我が家では、マイカーは常にノーマル。

雪が降る時は原則、マイカーは使わないか、チェーンを巻いて走ることにしています。

そのおかけでスタッドレスとノーマルタイヤの交換をする必要がないので助かっていました。

しかし、数年前の大雪の時に出来事が起こったのです。

 

 

●大雪の時のタイヤチェーンが効かない!

都内で雪が降り始めた時に、どうしても家族で車を使わなければならないことがありました。

「用事を済ませて、すぐに自宅に戻れば、タイヤチェーンは持っていかなくてもいいだろう。」と甘い見立てをしていたのですが、帰り時には、瞬く間に積雪10cm以上。
都会ではパニックレベルです。

もちろん私の車も雪でスタックして、立ち往生。

近くのカーショップでは、タイヤチェーンは販売切れ。息子と妻が最寄りの駅からの電車で自宅までチェーンを取りに行き、何とかタイヤに巻くことができたのです。

「これで何とか帰宅できる!」  と思ったのですが、思わぬ所で予測が付かないことが起こったのです。

自宅の数十メートル前まで辿り着くことができたのですが、そこからは登り坂で、タイヤが空回りをして登りきれなかったです。

「まさか、チェーンが外れたのかな?」と思い確認してみると、キチンとハマっているチェーン。

「おかしいな?」と思いつつ、妻に車のアクセルを吹かしてもらい、タイヤを見るとチェーンは雪をしっかりと噛んでいるのですが、その中でタイヤだけが空回りをしていたのです。

今までこんなことを経験したことは無かったのです。

よく見ると、タイヤは殆ど丸坊主で溝の無い状態でした。

そのせいで空回りをしていたので、その日はともかく路肩に寄せて、放置したのです。

数日後に問題なく車は戻せたのですが、後から考えると、丸坊主のノーマルタイヤで雪道を走ったことを恐ろしく思いました。

よくスリップ事故を起こさなかったと。

ノーマルタイヤも数年間交換していなかったためなのですが、これをきっかけに、タイヤは必ず点検して冬になる前に、溝のチェックを怠らないようにしています。

 
スポンサーリンク