実際に短期留学で英語力を培った私が教えるおすすめ留学先ベスト3!

費用対効果・・・気になりますよね?

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

これからの時代は英語ができて当たり前という、そんな時代がやってくるかもしれません。

  • 英語力を伸ばして憧れの外資系に就職したい
  • 基本的な英会話を身につけて海外旅行を存分に楽しみたい

など英語を学ぶ目的はその人によってもさまざまでしょう。

 

語学として英語を学びたいという意思が強い場合には、やはり語学留学は憧れの対象であることはいつの時代も変わりません。

英語は国内で英会話スクールに通うのも決して悪い学習法ではありませんが、やはりモチベーションを維持するのがほとんどの人にとっては至難の技であることが多いのです。

やはりそれを考えれば、効率的に英語力をアップさせるにはが語学留学が英会話習得への近道ということになります。

しかし、長期留学は時間もお金もかかりますから、経済的な問題も出てくるので誰しもが気軽に実行できるものではありません。

 

時間も予算も最小限で英会話力を身につけるのにぜひオススメしたいのが短期留学なのです。

短いもので1週間ぐらいから、だいたい1ヶ月ぐらいが主流になっている短期留学。

ここではアメリカやカナダといった定番の留学先ではなく、より気軽に渡航できる行き先のオススメのベスト3をご紹介したいと思います。

※なお、表示している価格はあくまでも英語の学習のみに支払う金額です。
実際にはこの金額に航空券や現地で生活するのに必要な食費などが加算されます。

 

 

  1. グアム

    価格 3.0
    治安 3.5
    観光 5.0
    価格:
    30万円から40万円

    オススメの第三位に堂々のランクインをしたのは、グアムです。

    グアムは実質アメリカに属している国ではありますが、やはりアメリカ本土とは雰囲気が違い、治安も良くゆったりとした土地柄が、のんびりバケーションがてら英語学習ができるのが大きな魅力でしょう。

    街はどこもこじんまりとしており、美しい海と青い空に囲まれたグアムでの短期留学生活はかけがえのない経験になることは間違いありません。

    グアムにはグアム大学付属英語学校を始め、小さな英語学校もかなりあります。

    大学付属の語学学校はもっとも授業料も高いですが、留学生を受け入れることには実績があるのでホームステイ先の手配はクラス分けの指導などもしっかりサポートが受けられるのが特徴です。

    日本人はアメリカ本土のカリフォルニアと比較すると意外にも少なめということもあり、短期間で英語のシャワーをたっぷり浴びることができるのが魅力です。

    1ヶ月の留学費用の目安としては30万円から40万円ぐらいが平均ですので、とりたてて安いというわけではありません。

    ですが小さな島ならではの安全な環境の中でホストファミリーとの生活を楽しんだりウォータースポーツを楽しんだりしながら英語力をアップさせられるのですから非常にオススメです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

  1. フィリピン

    価格 5.0
    治安 4.0
    観光 4.0
    価格:
    10万円から20万円

    ここ数年で一気に注目されてきた短期留学先がフィリピンです。

    フィリピンは本来はタガログ語がメインの国ですが、実は英語も立派な公用語として使われているので、フィリピンのマニラなどの中心部をはじめ市街地もほとんどのフィリピン人は英語を日常使いしています。

    ですから基本的には英語ネイティブと言っても良いのです。

    そんなフィリピン短期留学の最大のメリットはその留学費用の安さでしょう。

    アメリカ留学などに比べると費用総額は半分から三分の一という驚きの価格なのです。

    それでいて英語学校も豊富にありますし、どこも綺麗で清潔なホテルを宿舎としていたり、英語学校が寮設備を完備していたりするので非常に快適な生活が送れます。

    なかでもオススメはセブ島の英語学校です。

    どの学校もカリキュラムもしっかりしており、短期間で英語を伸ばせるように工夫された教材も使われているので本人のやる気次第ではたった1ヶ月の滞在でも、かなりの実力を養うことが可能です。

    他の国から来た留学生たちと寮生活をして遊びに出かけたり食事を共にしたりする事で、さらに英語力を磨く事ができますし、違う国の文化を肌で感じる良い機会にもなるので、素晴らしい思い出づくりができるでしょう。

 

 

  1. シンガポール

    価格 4.5
    治安 4.5
    観光 4.0
    価格:
    10万円程度

    堂々の第一位に輝いたのはシンガポールです。

    東京都ほどの小さな国ながらその中は中国人、マレー人など多くの人種のるつぼになっています。

    それだけにとてもインターナショナルな雰囲気漂う国だと言えます。東京からも飛行機で五時間程度なのでそれほど遠すぎず、アクセスが良いのも嬉しいところです。

    シンガポールは英語が公用語になっており、英語学校もかなり充実しています。

    留学費用は、アメリカ留学よりははるかにリーズナブルで、1ヶ月あたりだいたい10万円程度が平均になっているようです。

    ただ、物価がやや高めなので現地生活のお金がフィリピンよりもかかってしまうかもしれません。

    シンガポールの治安の良さには定評があり、初めて海外留学をする人でも安心して過ごすことができるのが大きな魅力です。

 

以上がオススメの短期留学先のベスト3でしたがいかがでしたか。

これらの国々は、それぞれのメリットやデメリットもあります。

短期語学留学は時間が限られているからこそ、失敗しない渡航先選びを慎重にすることが大切です。

 
スポンサーリンク
 

前もってしっかり情報収集をして自分にぴったりの留学先を探してみてください。