産み分け、したいですか?

産み分けに必要であるゼリーだったり、リンカルなどの通信販売が行なわれている昨今、その確率はどんどん上がっています。

海外では人工授精の方法さえもあるようです。

日本のクリニックで行なわれている日本の産み分けのハウツーにはどのような方法があるのでしょうか。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

産み分けは誰に相談をしたらいい?

男の子でも女の子でも、赤ちゃん、我が子はとっても可愛い存在ですよね。

それでも、希望する性別の赤ちゃんを授かることができるのであれば・・・?

その方法を試してみたいと思う人は多いですよね。

 

少子化と呼ばれて久しく、1人の女性が一生に持つことが出来る子供の数は1~2人が多いです。

今度の妊娠が最後かもしれない・・・そう考えたら産み分けにこだわりたくもなってしまいます。

もし男の子、女の子好きなように産み分けすることが出来たのであれば、ハウツーを知りたいという方も多いのではないでしょうか。

 

昔から、産み分けは、世界各地で行われてきましたが、おまじないのような方法もあれば根拠のある方法も見られます。

そこで、そのハウツーのいくつかを詳しく見ていきましょう。

 

 

まず、現在の産み分けに関してですが、産み分けをしたい場合だれに相談をしたらいいのかと悩んでいる方も多いです。

クリニックによっては、産み分けは行っていないというクリニックも多いですし、医師の考え方によってばらばらです。

 

そこで、おすすめなのが「産み分けネット」というサイトです。

この産み分けネットは、産み分けの第一人者である、杉山先生という方のノウハウが紹介されているのが特徴です。

産み分けに必要であるゼリーだったり、リンカルなどの通信販売も行っています。

産み分け指導を行っているクリニックのリストなどもありますので、一度参考にしてみてください。

 

 

100%の産み分け方法はあるのか

結論から言うと、100%の確率の産み分けの成功はありません。

タイミングや、ゼリー、男の子の場合には、リンカルの服用などで、条件を満たすことによって、産み分け成功率はかなり高くなるといえます。

 

しかし、産み分けは、100%という方法がありません。

 

男の子を希望した場合、約80~90%、そして女の子を希望した場合には、70~80%というデータが出ています。

産み分けを指導するクリニックに通い、排卵日を特定し、専門的なサポートを受けると確率はさらに上がりますが、100%ではないことを知っておきましょう。

現に、産み分け指導を受けていて、ゼリーなどを用いてようやく妊娠できたという方も、産み分けに失敗しているという例はいくつもあるようです。

 

 

男の子が生まれやすい体質、女の子が生まれやすい体質?

産み分けを考えたときに、男の子が生まれやすい体質だったり、女の子が生まれやすい体質なんかはあるのかな・・・と考えたことがある方は多いのではないでしょうか。

実はこういった体質は、ある程度は・・・あるようです。

たとえば、普段から膣内が酸性の方も居れば、低めの人も居ます。

また、膣内がアルカリ性に傾く人も居れば、そこまで変わらない人もいるといえるでしょう。

ですから、ある程度こういった体質の方はいるといえますし、ライフスタイルのパターンでも、性別の生まれやすさは変わってくるといえます。

妊娠の仕組みはまだ分かっていないことも多いですので、こういった体質で変わってきてしまうことはややあるようです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

男系家族、女系家族はあるのかどうか

男系家族だから・・・

うちは女系家族だから・・・という言葉を耳にすることは多いですよね。

 

実際に周りの友人に女の子ばかりが生まれているという家庭を見かけたり、その逆も珍しくはありません。

結論から言うと・・・医学的には解明されてはいないのですがそのような家系は実際存在しています。

自然の出産では、やや男の子が多く生まれるという風に決まっていて、男の子の方がやや病弱、そして早く死ぬという事からも自然の摂理が働いているといえます。

 

しかし、これは全体的にみていえることで、1つの家系だけで考えて見れば、性別が偏りがちな家系も確かにあるようです。

有名なケースでは、アメリカの家族では256年連続で男の子ばかり生まれ続けたというケースもあるようです。

これは医学的にも解明されていないので、なんとか家系を変えたいと思ってもなかなか難しいのが現状のようです。

 

 

海外では人工授精で産み分けが可能、なぜ日本でできないの?

海外では、人工授精によって、受精卵を作り、そしてその後遺伝子を調べ、性別を確認し、着床させるということは技術的に可能となっています。

しかし、日本においては、論理的な問題がクリアされておらず人為的に受精卵を識別することが認められていません。

さらに、日本社会ではそこまで論理的な考察が深まっていないのが現状です。

 

今日本で産み分けをする場合には、こういった事情からクリニックで指導される産み分けなど、安全性が確立されている方法で産み分けをする必要があります。

妊娠のタイミングだけでもある程度調整することが出来るので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

最近では、産み分けを切実に希望しているというケースと、ただなんとなくというケースに分かれているといわれています。

今後ますます少子化が進むにつれて産み分けを希望する人が多くなるかもしれません。

 
スポンサーリンク
 

あなたも考えてみてはいかがでしょうか。