ビタミンC誘導体の化粧品が人気を集めています。

人気なものには、必ず人気である理由があります。

私がビタミンC誘導体の化粧水を愛用しているのにも理由があります。

その全てをご紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

肌がくすむ原因

年齢を重ねるにつれて、肌にはシミやくすみが生じやすくなります。

これは、活性酸素に対する耐性が、加齢によって低下することが原因です。

そのためある程度年をとると、紫外線を浴びたり乾燥した空気に触れたりすることで、肌は活性酸素の影響で酸化していきます。

酸化すると肌では、そのダメージでメラニン色素が作られます。

これが増えていくことで、シミやくすみが生じるわけです。

 

こういった酸化トラブルは、30代や40代になると起こりやすくなります。

そのためその年代の女性の多くが、酸化対策として美白化粧品を使っています。

美白化粧品には、抗酸化作用のある成分が配合されています。

肌に与えることで、酸化耐性が一時的にアップして、メラニン色素が作られにくくなるのです。

 

 

ビタミンC誘導体化粧水の効果

抗酸化成分には様々なものがあるのですが、その中で私が特におすすめするのは、水溶性のビタミンC誘導体です。

ビタミンCはとても酸化しやすい成分で、肌に与えるとすぐに、肌の内部の活性酸素の影響を受けます。

すると活性酸素は、ビタミンCを酸化させることで力を使いきり、肌をあまり酸化させなくなります。

つまりビタミンCが代わりに酸化するために、肌が守られるということです。

 

しかしビタミンCは、空気中の酸素によっても酸化します。

そこで空気に反応しないようにと研究が進められたのですが、それによって開発された成分が、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、簡単に言えば空気の影響を受けないようにコーティングされたビタミンC。

肌に浸透していく過程で、このコーティングは酵素によって分解されます。

すると本来のビタミンCが出てきて、肌の活性酸素に反応するという仕組みになっているのです。

これが私がビタミンC誘導体の化粧水を愛用している最大の理由です。

「肌を酸化させない」と言うと、抗酸化作用のある成分を配合するのが普通なのですが、あえて酸化されやすい成分を肌に入れることによって「肌を守る」というメカニズムなのです。

 

 

しかも水溶性のビタミンC誘導体は、肌にスムーズに浸透していきます。

これは、肌の大部分が水分となっているからです。

水に小麦粉を入れても、なかなか溶けずに沈殿しますが、砂糖を入れた場合は比較的スムーズに溶けます。

それと同じで、水溶性ビタミンC誘導体は肌の水分でサッと溶けて、奥深くへと浸透していくのです。

そのためこれが配合された美白化粧品は、短時間での効果が期待できるということで注目されているのです。

 

ただし逆に言えば、水分が少なければ水溶性ビタミンC誘導体はスムーズには浸透していかないということです。

でも安心してください。

乾燥肌の人には、脂溶性ビタミンC誘導体が配合された美白化粧品というものがあります。

脂溶性ですから、これは肌の油分に溶けて浸透していきます。

水分が少ないと、肌では乾燥防止のために皮脂が多く分泌されます。

皮脂も油の一種なので、そのため乾燥肌には脂溶性ビタミンC誘導体の方が浸透しやすいのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

私の場合は、今のところ肌の乾燥トラブルが起こっていないので、水溶性ビタミンC誘導体を与えています。

化粧水を使っているのですが、テクスチャが柔らかくサラサラとしているので、顔全体とデコルテという広範囲に毎日たっぷりと塗っています。

また私はこれを、酸化防止のために念のため冷蔵庫で保管しています。

入浴後や洗顔後の火照った肌に使うと、ひんやりとしてとても気持ちが良いのです。

しかも火照りによって毛穴が開いているわけですから、よりスムーズに浸透します。

清涼感が肌の奥にまで伝わる感じなので、この気持ち良さからも、水溶性ビタミンC誘導体の化粧水を愛用しています。

これが私がビタミンC誘導体の化粧水を愛用している2つ目の理由。

 

 

おかげでアラフォーになった今でも、肌の透明感を維持できています。

全体的に白く、日焼けもしにくいので、よく人に羨ましがられています。

日焼けもまた、紫外線の影響で肌が酸化することが原因なので、対策にはビタミンC誘導体が効果的なのです。

 

またビタミンCは、肌でのコラーゲン生成を助ける働きもします。

つまりビタミンC誘導体の美白化粧品を使い続けていれば、肌では透明感だけでなく、コラーゲンの多い状態も維持されやすくなるということです。

コラーゲンは、肌にゴムのような弾力を与える美容成分です。

そのためこれが多い肌は、たとえ引っ張ってもゴムのようにすぐに縮みます。

つまり引き締まった状態ということです。

 

しかしコラーゲンが不足している肌は、弾力も少なめとなっています。

頬の脂肪などの重みで垂れ下がると、たるんだままとなります。

これが、ほうれい線などのシワの原因となるのです。

そのため私は、シワ対策としてもビタミンC誘導体の化粧水を使っています。

これが私がビタミンC誘導体の化粧水を愛用する3つ目の理由。

 

目元や口元など、特にたるみが生じやすいとされている部分には、美容液でコラーゲンそのものを補充しています。

そのおかげか、今のところ目立つシワはありません。

 

このまま肌の白さとハリとを維持できれば、若々しい見た目のまま年をとっていくことが可能となります。

高齢化が進んでいる現在では、長生きをする人が増えています。

 
スポンサーリンク
 

だからこそ、長い老後の人生をより快適に過ごすために、毎日のケアで若々しい姿を維持したいと私は思っています。