2007年頃から人気なコンテンツを持つユーザー向けに提供していた収益還元広告プログラムが元になり、最近では一般人でも利用できることになったYouTube。

最近ではその広告プログラムだけで生活するYouTuberと呼ばれる職業の人が増えてきました。

その中でも日本人YouTuberであるヒカキンさんがなぜこれまでにも人気を保持し現在にまで至るのかを考えていきたいと思います。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

YouTuberの魅力

 

まず最初にヒカキンさんに限らずYouTuber全体的に見えてくる魅力とはなんなんでしょうか?

拝見してみると意外と面白いことがわかります。

動画のネタは日常の生活の中に溢れているものにスポットを当てたものが多いです。それによって入り口として間口が広くしていることが特徴的です。

誰でも投稿を行うことができ、無料で視聴することができます。

日常の生活の中でよく見かけるけど、普通はこんなことしないよな・・・ということにチャレンジしたりするのです。

人気がある投稿者などは、そのチャレンジが成功するか否かは問題ではなく面白いオチをちゃんとつけてきます。

加えて、彼らはほぼ毎日いくつもの新しい動画を投稿し続けています。

 

こうした投稿者の努力によって、視聴者はこれ以上ない暇つぶしとして活用することができるのです。

暇つぶしというと、言葉が悪い感じがしますが、よく趣味がない人に普段家で何をしているのか聞いてみると、多くの方がニコニコ動画かYouTubeを上げます。

これ、けっこうビックリするくらいの比率ですよ。笑

 

また同時に、他に没頭するような趣味を持っている人も、実は日常的にYouTubeを活用していることが多いです。

BGMとして利用しているのです。

この場合は、普段家にいて何をしているか、という質問に対してYouTubeの視聴という答えは返ってこないのですが、何気ないレベルでも我々の日常生活と密接にかかわっていると言うことです。

 

 

スポンサーリンク



 

ヒカキンさんに見る人気の秘密

さてここでヒカキンさんの人気の秘密を探ってみます。

 

ヒカキンのわかりやすい特技

ヒカキンさんに限らず言えることですが、やはりひとつだけ特徴的な特技を持っていることが多いように感じます。

特技を持つことは、その人の代名詞を持つことになるため、イメージしやすいことにつながります。

 

ヒカキンさんで言えばヒューマンビートボックスです。

実はヒカキンさんが世界でも名を知らしめるきっかけとなったのはこのヒューマンビートボックスなのです。

日本で一番再生されたことをきっかけにアメリカのCBS放送のニュースで取り上げられ一気にその名を知らしめました。

 

このようにYouTuberの中には従来仕事として収入を得ることができなかったようなアニメ知識、ゲーム実況、あらゆる分野に関したオタク的な要素で有名になっているケースが非常に多いです。

最近では日本でもこのような趣味が極めてオープンになっていてSNSなどの発達によって仲間も気軽に探せる時代です。

口コミはもちろんSNSなどの連携によって、何かに秀でているということは爆発的な人気を生むことにつながりやすいのです。

 

ヒカキンさんが人気である理由には、このような明確な「特技」を持っているだけではなく、マーケティング要素も関わっています。

マーケティングというと途端にビジネスチックになってきますが、ヒカキンさんが行なっている戦略は視聴者のターゲットを明確に設定している事です。

 

ヒカキンはターゲットが明確

ヒカキンさんの動画を見てみるとわかると思うのですが、低年齢層に対して動画を投稿していることが分かります。

 

 

正直、面白くないですよね。(゜_゜;)

しかし、低年齢層のトレンドを扱った動画や、動画の最後にじゃんけんなどを行い、努力や工夫をしていることがうかがえます。

今でこそヒカキンさんのチャンネルは大人気となり、様々な新商品やイベントなどから広告塔として依頼を受けて紹介をしている動画が多いですが、ヒカキンさんが狙っているターゲット層は明らかに小学生です。

パソコンがどんどんと低価格化していき、一般家庭にも当たり前のように数台のパソコンがある世の中へと変化してきました。

その中で、無料で視聴できるYouTubeは、毎日一定の空いている時間があり、口コミが広がりやすい小学生との相性が非常にいいです。

 

また、少子化といえども子供は次々と誕生します。

小学生はいずれ中学生となり大人へと成長していきますが、また新たな小学生が誕生するのです。

つまり、自分のコンテンツを死ぬまで愛してくれるような人を募るのではなく、入れ替わりのある一定の枠組みの年齢層の人を募るということです。

 

ほぼ同じ考え方で一発屋といわれながら、見事に息を吹き返した芸人さんがいます。

それが小島よしおさん。

小島さんについてはこちらの記事にて記載しています。

 

一昔前までは、小学生は外で遊ぶもの、という考え方が一般的でしたが、様々な技術の発達により現代の小学生の遊びや興味を惹かれるものは多種多様になってきています。

また、少子化が進んでいるため、子供を大事にする風潮が強まっています。

つまり子供の意見は尊重されるのです。

そのため、彼らの心をつかめばビジネスチャンスもつかむことができるのです。

 

 

ヒカキンを始め広告塔としてのYouTube

ヒカキンさんのように一芸に秀でて圧倒的な人気を博すとどのようなことは起きるのでしょうか?

これは政治の世界でも同じことなのですが多くのフォロワーやサポーターがいるとその方の発言というものにすごく力の重みが加わります。

商品を売る際にスポーツ選手やアイドルがCMや広告に登場することと同じ原理です。

  • 人気俳優が履いていた靴に人気が出て売上が上がる。
  • アイドルが着ていた服に注文が殺到する。

などの現象です。

 

一芸に秀でて多くのフォロワーやサポーターが付くと広告塔としての仕事の幅が広がるのです。

現在、ヒカキンさんの動画には新商品をアピールしたものや、芸能人やアイドルが発売したもののPR動画があふれています。

 

 

YouTubeという広告媒体は必要経費が限りなくゼロに近いながら、爆発的な人の目に触れるため、企業やプロダクションもPRの場として手軽に活用することができるのです。

企業側からしてもわざわざテレビという媒体を使い、余計な宣伝広告費用を捻出する必要がなくなってきているのです。

 

 

 

これは何もYouTuberだけに限らず最近はやりのブロガーやアフィリエイターに関しても同じことが言えます。

さてヒカキンさんをはじめYouTuberやブロガーなどといった方々の登場によって今後はどのようになるのでしょうか?

今後は広告業界が淘汰されていくことは間違いないでしょう。

またテレビ業界では当時ライブドアを率いる堀江貴文さんがフジテレビ株を買収して、やろうとしていた計画のように民放テレビのあり方や経営方針の転換期が来るかもしれないですね。

民放のテレビが全てなくなってしまう未来もそう遠くないでしょう。

 
スポンサーリンク